22 May 2019

「スペインあたり その13 マドリッドで最終回」・・・・・さすさら


56日(月)23時にマドリッド空港に到着。

 

旅ももう少しなのだ。

 

映りが悪いがタクシーのメーターなのだ。

   空港からマドリッド市街まで定額の30€なのだ。

   市街から空港へ行く時もそうなのか?

   どこから乗ってもいいのか?後で分かるのだ。

 

24時に着いたのだ。

   事前に連絡を入れて、待ってもらっていたのだ。

   そう、ホテルではないので、常駐はしていないのだ。

 

タクシーを降りるときに、コンビニをチェックしていたのだ。

   しっかり、ワインを買って来たのだ。

   寝酒は飲まないと体に悪いのだ。

 

コンドミニアムなのだ。ここで、こんだけ。

 

RIOJAマークを飲まないといけないのだ。

 

7日(火)朝845分。

   近くのカフェなのだ。ここでもイベリコ豚が登場するのだ。

 

今回は、迷子にならずに、しっかりと朝の散歩をして、

   カフェを探して来てくれたのだ。

 

ここのお嬢さんに撮ってもらったのだ。

 

こんだけ。チップも置いておくのだ。

 

マドリッドの街を散策するのだ。

 「太陽の門」という名の広場。

 

マドリッド自治政府庁舎。

 

王宮。

 

入場するのに、並んでいるのだ。

 

 

マドリッド観光バスに乗るのだ。

 

屋上にはTIO PEPE の看板が。

 

カロロ3世なのだ。

 

これが、一番いいのだ。

 

市内をぐるっと回ってくれるのだ。

 

 

 

ロータリーなのだ。

 

欠点はどこがどこか、分からないのだ。

 

 

 

市役所本部になっているシベーレス宮殿。

 

 

 

一番搾り。

 

 

ここで降りるのだ。

 

マヨール広場。下町情緒あふれる旧市街の中心なのだ。

   フェリペ3世が建築家フアン・ゴメス・デ・モラに命じ、

   1619年に完成させた風格ある広場。過去3回の火災の度に

   改装が重ねられ、現在の形になったのは、1953年のこと。

   その昔、家々のバルコニーからは、華やかな王家の儀式、闘牛

   種々の祭りから宗教裁判まで眺められたという。

   北面中央にある建物にはスペイン腔家の紋章が刻まれ、その下に

   あるバルコニーは王家が催し物を見物するための観覧席だったのだ。

   現在はレストランやカフェに囲まれ、市民や観光客の憩いの

   場となっているのだ。

 

ここいらを散歩するのだ。

 

3人でカネの算段をしているみたい。

 

ありゃー!マドリッドにセビリアの理髪師がいたのだ。

   散髪してもらおうとしたら、ダメだった。

 

実はこのラーメン屋を探していたのだ。そう、スペインで

   ラーメンを食おう、と決めていたのだ。

   残念、こういう有様なのだ。

 

ほう、騎馬警察なのだ。

 

参ったのだ。これにも騙されたのだ。

   そう、目玉が動いて、びっくり仰天してしまった!

 

ここが楽しいのだ。フードマーケットなのだ。

 

イベリコ豚が。

 

大流行り。

 

これを買っていくのだ。

 

1245分、部屋で食事なのだ。

   ビールにワイン、いつもながら楽しい食事なのだ。

 

そう、マドリッドは1泊だけなのだ。

   部屋で、掃除にやって来たお姉さんに撮ってもらったのだ。

 

この店の隣のドアが入り口なのだ。

   なかなか、分からないのだ。

 

そう、帰りのタクシーも30€だったのだ。

 

マドリッド空港で飲んでいるのだ。

 

ユーロの紙幣はプラスチックなのだ。

 

カウンター窓口が混雑しているのだ。

 

帰らないといけないのだ。

   もう少し、いてもいいのだがなぁー!

 

ソウルの仁川空港行きなのだ。

 

一番後ろは二人席。トイレがすぐなので、ビールと

   ワインをどんどん飲んでもいいのだ。

 

大韓航空の食事なのだ。

 

遠いなぁー!

 

もう1回出て。

 

仁川空港に着いたのだ。58日の16時。日本時間。

 

ここで乗り換え。

 

飛行機の中で、仲良くなったスペインの夫婦連れと。

 

ここで、福岡に帰る3人とお別れ。

   一人で関空へ帰るのだ。

   楽しかったなぁー!

   8日の23時に無事に神戸に帰宅したのだ。

   やれやれ!

   私の写真はここまで。

 

ここからはコッツさんの写真なのだ。

   どこだかは、分かりますね。

   もう一度、思い出しながら、ニタニタとするのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コッツさんが、撮ったのを送ってくれたのだ。

 

スペインのここいらを回ったのだ。

 

後どんだけ、行けるか?

ボケる前に行かないと、ボケると行けないのだ。

誰が、先に行けなくなるか、楽しみなのだ。

 

おしまいなのだ。

お付き合い、感謝!