06 Mar. 2019

「BKKあたり 2019」・・・・・さすさら


224日(日)のバンコク座んなブーム空港なのだ。

   関空を11時に出発して、現地時間16時(日本は18時)に

   到着。1時間ほど待って、羽田組の二人と合流。

   そう、恒例のゴルフツアーも10回目なのだ。

 

サラディン駅の近くのホテルにチェックイン。

   夕食は近くのここへ。

 

円安なのだ。こんだけ。

 

25日(月)9時に、ゴルフ場で朝飯。

 

初日はここ。

 

34℃。暑い、暑い!

 

13時には第1ラウンドが終了。

   ロッカールームはこんな感じ。

 

バンコクは相変わらずの大渋滞。活気があるのだ。

 

毎日、こんな感じ。雨は夜中にチョコっと降るくらい。

 

19時に夕食なのだ。これはフカヒレ。

 

蟹。いろいろとご馳走が出てくるのだ。

 

これが美味しいのだ。

 

魚。

 

飲んで、食べて、大騒ぎ。

 

ここはバンコク市内の南にある「木成大酒楼」。

 

パッポン通りのナイトマーケットをブラブラと。

 

火曜日はグリーンバレーCCなのだ。料金はこんだけ。

 

スタート小屋。

 

なかなかのアドバイスをしてくれるのだ。

 

彼だけがカート。

 

こっちは、歩くのだ。

 

午前中で終わって、握りの計算をしながら、ゴルフ場で

   昼飯。だいたい、このペースなのだ。

 

ホテルは蟹さんの隣のラヤホテル。

 

夕食は鍋がいいなぁー。ビールはシンファなのだ。

 

夜は部屋でワインも、恒例なのだ。

 

水曜日はここ。料金はこんだけ。

 

ここもバンコクでは名門。

 

今日も勝負なのだ。

 

ハーフを回って、一休み。ビールを飲んでいるのだ。

   そう、こっちでは18ホールをスルーで回るのだ。

 

今日もいいキャディーさんに当たったのだ。

 

シャワーを浴びて、昼飯。

 

夕食はここ。

 

病み付きになるのだ。トムヤンクン。

 

ブーバッポンカリー!最高なのだ。

 

今夜も食べ過ぎ、飲みすぎるのだ。

 

 

チャオプラヤ川には船が。この中で

   食事をするそうな。

 

締めはマンゴーライスなのだ。

 

28日の木曜日。スタートがやや、ゆっくりなので、

   初めてホテルで朝食なのだ。

 

750分に到着。

 

料金はこんだけ。レガシーGC。

 

4ラウンドなのだ。頑張るぞ。

 

こっちは山が無いので、ハザードは全て池なのだ。

   そう、ボールがよく無くなるのだ。

 

途中休憩はシンファビアなのだ。

 

本日の相棒。

   今日は歩こう、と思っていたら歩きはなし。

   カートになってしまったのだ。

 

広大な池なのだ。

 

昼はゴルフ場で。

 

部屋に帰って。ついつい流してしまうのだ。

 

2000バーツの罰金なのだ。

 

たまに繋がらないのだ。

 

ここが美味いのだ。近くのとんかつ屋。

 

 

タニヤの歓楽街。ホテルから歩いて1分。

   やれやれ!

 

31日金曜日。朝6時半に到着。

   まだ暗いのだ。

 

なんと鍵が南京錠なのだ。珍しいなぁー!

 

ホテルの朝食は間に合わず、ここで。

 

光と影を撮るのが、大切なのだ。

 

7時にスタート。TYANYA GC。

   バンコクの北部にある古いゴルフ場なのだ。

   とうとう、第5ラウンドまでたどり着いたのだ。

   3人ともよく頑張ったのだ。

 

そう、握りはパター勝負なのだ。

   ダイヤモンドと最後のパットが負けの二つをやっているのだ。

   だから、ぎりぎりで止まると負けるのだ。

   スコアはとりあえず、関係ないのだ。

   だから、スコアでは勝つのだが、握りで負けるのだ。

 

汗を拭くにはこれが一番。

 

いつものように、昼はゴルフ場で。

 

夜はここ。タニヤのシャングリラ。

 

北京ダック。

 

いやというほど、食べたのだ。

 

イセエビの刺身。

 

これはなかなか食べられないのだ。

   イセエビの心臓の炭酸割り。

 

今夜も最高。

 

ここを通らないと、帰れないのだ。

 

ここが、パッポンですね。

 

わくわくするのだ。ここらを歩くと。

 

32日土曜日。朝8時のルンピニ公園。

 

皆さん、歩いたり、走ったり。

 

今は乾期で、暑いが湿ってはいないので、最高の

   シーズンなのだ。

 

8時になると、国歌が流れ、皆さん立ち上がって

   傾聴するのだ。

 

ゴルフは土曜日は高いのでしないのだ。

   「ソンブーン」の横を通って、

 

あそこまで30分ほど歩くのだ。

 

スカイウオークとやらができたらしいのだ。

 

76階建て。

 

結構、高いのだ。

 

エレベーター内がすごいのだ。

 

チャオプラヤ川がゆったりと流れているのだ。

 

払った証拠。

 

 

あそこが例の場所なのだ。

 

身の毛がよだつ、のだ。恐ろしい、恐ろしい!

   ガラスに傷をつけるとダメなので、靴カバーを

   履くのだ。

 

皆、楽しんでいるのだ。

 

ご存知、ラチャダムリの王室の競馬場ですね。

 

ルンピニ公園。

 

アルコールは11時からしか、販売しないのだ。

 

そんで、ここには来ないとなぁー!

 

 

セントラルプラザ内のスーパーでお土産だ。

   そう、パパイア、マンゴを密輸するのだ。

 

夜はここ。

 

ビニールの袋にラーメンの出汁を仕込んでいるのだ。

   ここが本店で、支店が歩いて10分ほどのタニヤの

   真ん中にあり、結構流行っているのだ。

   しかし、ビニール詰めとはなぁー!

 

本店は静かなところにあるのだ。

 

この店も有名なのだ。

 

きれいな部屋なのだ。ここで7泊したのだ。

 

3月3日桃の節句。日曜日に来て、日曜日に帰るのだ。

   

朝6時50分。お疲れさま。羽田組と別れて、一人で

   帰るのだ。

 

なんとか、無事に5連荘を完走したのだ。

   お疲れ様でした。

 

以上