27 Jul. 2019

「保津川あたり」・・・・・・   さすさら

725日(木)にここへ。梅雨も明けた暑い昼前なのだ。

 

嵐山から流れる水量が多いと困るのだ。

 

阪急嵐山駅を降りて、渡月橋を渡って。

 

久し振りなのだ、ここら辺は。

 

水が濁っているのだ。

 

よく読むように。

 

中国の人ですね。

 

ここを歩いているのだ。

 

嵐電嵐山駅を横目に。

 

ここも通って。

 

到着。

 

ありゃー!せっかくの保津川下りが中止なのだ。

 

暑い、暑い。アイスクリームを食べるのだ。

 

続々と、集まってくるのだ。

 

そう、近畿よいよい会での保津川下りを計画したのだ。

   12名が集まったのだ。

 

満員だが、手打庵とリンダさんとで手分けして事前に予約しているのだ。

 

620円なのだ。

 

 

 

ビールが美味い!

 

 

 

 

分かるかなぁー?

   9割がた、外人さんなのだ。

 

保津川の流れが急なのだ。これでは川下りは無理なのだ。

   昨夜、上流の亀山あたりで夕立が激しかったのだ。

 

せめて、トロッコ列車の旅を楽しむのだ。

 

このお姉さんは写真を11200円で売っているのだ。

 

 

古川さんは久し振りなのだ。

 

20分ほどで終点の保津川駅に到着。

 

本来なら、ここから川下りとなるのだが。

 

 

暑い中を10分ほど歩いて、ここへ。

 

トロッコではなく、普通列車で帰るのだ。

 

 

5時に夕食を予約しているので、どうするか?

   水族館に行く人、映画を見る人、銭湯に行く人。

   まとまりのない団体なのだ。

 

この二人はゆっくりと、涼しいレストランでビールを飲んでいるのだ。

 

百日紅が真っ盛りなのだ。

 

水族館組とビール組が合流。1620分。

   タクシーで四条河原町へ。

 

デパート地下でこれを買ったのだ。

 

「あぶりや」なのだ。

 

 

 

2時間食べ放題、飲み放題なのだ。

 

古希を超えた皆はよく食うのだ。

 

 

 

シルバーはこんだけ。これに飲み放題が1250円。

   ここも、我々以外は、外人さん。京都そのものがそうなのだ。

   しっかりとおカネを使ってちょうだい。

 

大蔵大臣が清算。

 

19時に終了。外は雨なのだ。

 

阪急電車で帰るのだ。

 

残念ながら、川下りは出来なかったが、楽しい一日だったのだ。

   これで2年連続、保津川下りは出来なかったのだ。

   来年はどうするか?

 

おしまい