12 Jun. 2019

「京都八瀬あたり」・・・・・さすさら


9日(日)の朝10時半。

 

京都出町柳駅からの叡山電車なのだ。

 

なかなか洒落た電車なのだ。

 

田辺よね子さんと一緒に。

 

いい天気なのだ。ここ八瀬あたりをブラブラするのだ。

 

よく読むように。

 

ここへ。

 

緑の紅葉が素晴らしいのだ。

 

彼女たちと撮りっこしたのだ。

 

拝観料を払った証拠。

 

舩石だそうな。

 

これで確認するのだ。

 

 

 

 

 

続いてはここへ。

 

 

念仏は我慢の角の折れる音!

 

ここいらはなかなか、来ないのだ。

 

赤山大明神。

 

ここはどこだか、分かりますね。

 

宮内庁の人に撮ってもらったのだ。

 

ここも通って。

 

これもよく読むように。

 

地図で確認するように。

 

600円なのだ。

 

払った証拠。

 

 

京都八瀬あたりは、いいなぁー!

 

 

 

ここいら。

 

恐れ多くも、在ちゃんと誕生日が一緒なのだ。

 

続いて、ここへ。

 

 

よく読むように。

 

払った証拠。

 

 

 

 

琳派彩還(りんぱさいげん)なのだ。

 

 

 

 

 

一乗寺下り松。宮本武蔵なのだ。

 

ここいらはラーメン街道なのだ。

 

店内は少々汚いが、味はここいらでは一番。

   

歩きはここでおしまい。

 

 

 

14時半に京都駅ビル9階のここへ。

 

そうなのだ。

福岡から学会で来た二人を囲んでの飲み会なのだ。

そんで、その前に、せっかくだから、京都を歩こう!

となったのだ。炭ちゃんは仕事があったので直接ここへ。 

 

連絡があったら、すぐに集合するのだ。

 

ビールにワインは赤も白も。

 

京都はやっぱり、田楽なのだ。

 

ふさふさ先生と同業の先輩なのだ。

 

17時半に解散。楽しい3時間だったのだ。

 

福岡に帰る二人を京都駅の大階段で見送るのだ。

 

この明太子をお土産でもらったのだ。美味しかったなぁー!

   ふさふさ先生、ありがとう!

 

そんで、翌10日(月)。学研奈良登美ヶ丘駅なのだ。

 

 ここですね。

 

またまた、お世話になるのだ。

 

これは薔薇なのだ。

 

まずは乾杯!

 

これが美味しいのだ。熊本名産なのだ。

 

そう、第2回麻雀大会の日なのだ。

   延々と5時間ほど熱戦が繰り広げられるのだ。

 

煙草が美味いのだ。

 

途中で昼飯。天婦羅にするのだ。

 

 

これがまた美味いのだ。

 

昼はソーメン。

 

 

スイカも食べて。

 

昼を食べたら、また熱戦が続くのだ。

   19時ごろ、すっかり、あたりも暗くなったのだ。

   こんなのをつまみにまた、飲み始めるのだ。

 

タコスですね。これがまた美味しいのだ。

 

5人でそれぞれ、半チャン4回づつ、戦ったのだ。

   誰が勝ったか、分かりますね。

 

夜はカレーなのだ。

 

牛肉たっぷりのカレーなのだが、彼のだけは肉が

   食べれないのだ。わがままなのだ。

 

杏仁豆腐。

 

これが面白いのだ。中はわらび餅。

 

こうやって、突っつくのだ。

 

あっという間に、日が暮れてしまったのだ。

 

てんちゃんに送ってもらって。

 

お疲れさま。

 

お世話になりました。

   神戸に帰宅が22時過ぎになったのだ。

 

おしまい。

楽しい二日間だったのだ。