15 Feb. 2019

「タスマニアあたり その2」・・・・・さすさら


2月4日(月)1320分。

タスマニアの州都ホバートへ到着。

関空を出て、20時間ほど。やれやれ。

   タスマニアン・デビルがお出迎え!

 

予約していたレンタカーを借りるのだ。

 

この地のパンフレットを調査中。

 

なかなか、レンタカーを借りれないのだ。

   そう、なんでか知らないが、運転する同乗者が

   中国人の名前になっているのだ。

   運転するのは、我々3人の名前を登録するはずなのだが、

   よく分からないのだ。

   謎の中国人が関係ない、となるまでに

かれこれ30分ほど掛かってしまったのだ。

 

やれやれ。ここがホバートなのだ。

タスマニアは、オーストラリア本土の南にあり

リンゴの形をしているのだ。

 

トヨタのランドクルーザーなのだ。

   1420分。

 

Wi-Fiルーターを借りてきているのだ。

   カーナビとスマホをセットするのだ。

 

快調にホバートの街を走るのだ。

 

 

街の中心に着いて、駐車場に止めるのだが、これが

   また大変だったのだ。

   駐車券を自動販売機で買うのだが、コインしか使えず

   コインがないので、カードでやるのだが、受け付けないのだ。

   管理をしているお兄さんに文句を言っているのだ。

   結局、使えないので、タダにしてもらったのだ。

   やれやれ。

 

街のインフォメーションセンター。

 

こっちは23℃。今は夏なのだ。

 

港をブラブラと。

 

昼飯を探�すのだ。

 

ここがいいなぁー!

 

この3か所がお薦めなのだ。

 

やっぱり、タスマニアワインを飲むのだ。

 

こんだけ、食べるのだ。

 

鳩が欲しそうに、見つめているのだ。

 

ホバートに来たら、ここに来るように。

 

 

近くのスーパーでワインやつまみを買い込むのだ。

 

重たいのだ。

 

公園では女子中学生が走っているのだ。

 

信号は、このボタンを押して待つのだ。

 

次は博物館だ、と張り切って行ったら定休日だったのだ。

   残念!

 

空港はあの橋の向こうにあるのだ。

 

ホバート大橋。

 

ここに泊まるのだ。

 

 

ホテルはリバーサイド。陽水なのだ。

 

買ってきたワインで乾杯!

   トセイちゃんが手にしているのに注目するのだ。

 

自慢気に取り出したのが、このナイフ。

すぐに折れてしまい、がっくり!

   やれやれ。

 

ちょっぴり寒いので、部屋へ。

   やっぱり、スイスアーミーナイフなのだ。

 

2階の2部屋なのだ。

 

先ずは洗濯を!

 

リンダさんはドローンを持って来ているのだ。

 

ちゃんと飛んで、ホッとするのだ。

 

 

 

 

部屋割りは、リンダさんが事前に決めてくれているのだ。

   タスマニア最初の夜が無事にやって来たのだ。

   やれやれ。

 

今日14日(木)は、定例の昼飲みカラオケ会。

 

「カスバの女」を歌うのだ。

 

涙じゃないのよ 浮気な雨に

チョッピリ頬を 濡らしただけよ

ここは地の果て タスマニア…

 

続くのだ。