02 Sep. 2014

「競秀峰ルート散策 Part2」

もう見所満載!

先程の清水洞とも少々違う・・・

こうやって見ると、信仰のパワーたるや我々の想像絶するようなものか?

ほっと一息

巨大白きのこ

昔の人は危険犯して此処を通って、、、どんくさい人は落ちたろうきっと

来た方向を振り返って・・・

愈々本日のハイライト

景色に圧倒されっぱなしのポイント

あの巨大岩の後ろを巡るこの競秀峰ルート、、、最高だね

山側に

谷側背景に

三人は馬さん、一人は寺へ

馬の背状況確認のショット

素朴な守り神

美しいスカイライン

来て良かった!

左右とも崖、、、見ない見ない!?

見納めですが・・・

寺方面の一人とも無事合流し

これにて山廻りはオシマイ・・・

敬意表しに境内へと

真言宗にも立派なお不動様、、、真言唱えねば

云えてる、そうだ!

本日の人参ぶら下げはコレ!

4人に均等に割り振りせねば・・・

やっぱジャンケンが一番!?

一番デカイのは誰に渡ったのでしょうか? 表情から察してチョ・・・

いくら喰っても減らないオマールなんてかつてあった?

百日紅と巨岩

青地区に入ってバス停前で記念に・・・

この後ろ側を愉快にトレッキングやってた

国東半島に居るような錯覚に襲われる

入ってみよか?

30年も掛けて手掘りで、、、意志の強さには驚き以外言葉が見つからない

この洞門貫通後は山国川に転落の事故は殆ど無くなったそうな

当時そのままの岩剥き出しの様

今はこうやって軽々と通させて貰っていますが、、、当時は人4文、牛馬8文

”恩讐の彼方に”

照明のない当時は明かり確保が急務

お勉強になった?

もう一つ見逃してはならぬ

ハイ、、、見返りの競秀峰やりましょう

左端件の明かり窓から・・・

右に振って・・・

右端まで・・・

もう一箇所、、、おまけです

リフトの設置ある羅漢寺はパスして、こちら時代物のお宝羅漢さん拝見

Amaizing!!!

くり抜き穴がある!

ここまでやる!?

穴まで開ける!?

ご利益ありそうな磨崖仏

今一度、巨大穴から下界見て・・・

鎖無しには渡れませんって・・・

向こうに回ったら佛様鎮座・・・

ぐるりひと周りして降りて来て

見返りの古羅漢

神仏混淆の里、パシッと決まった一日、、、近くの温泉で一風呂浴びて

お蔭で大層清められ、、、健康貯金もしっかりやって

「想像以上にいい処やったなあ」 が4人共通の感想

日田経由で戻ってきました

ディナー? 「長浜ラーメンだ!」

だんだん