12 Nov. 2014

千如寺大悲王院の紅葉も見頃迎えている筈とばかりやって来ました

奈良の古寺よりさらに深い歴史、創建以来1900年になんなんとする古刹

樹齢400年超えるお宝大楓とご対面

少し近寄ってもう一枚・・・

背景の緑から浮き上がって見える

ウィークデイのお昼前静かに鑑賞出来て嬉しい

お気に入りの構図

奥の院へと進む

こちらは護摩焚道場

背景に雷山の峰

嘘のように朱に染まった紅葉

こういったグラデーションも一興

見落としそうな奥まった処にもひっそりと・・・

境内入口に戻って再び仰ぎ見る

いいなあ、、、心身ともに季節愛でる事が出来るっちゅうのは

見納めです

ありがとう

天竺からの渡来僧侶、清賀上人によって148年開創、、、本尊の国宝十一面千手千眼観世音菩薩も同上人作

最盛期に三百の僧坊があったと伝えられており、『雷山古図』には多数の僧坊が描かれているとある・・・・・

はあ、、、頭が高い!? 格式高き勅願道場なのである

山の糸島から海の糸島へやって来て

ランチは船越の焼きカキで

Yokoさんによれば浄水人、、、スカッと爽やかな表情との事

ぷりぷり牡蠣の食べ頃は平蓋空いた時

平日の11時半、仮設にしてはえらく立派な牡蠣小屋であった

だんだん