17 May 2014

「京都北部」

大峯山から葵祭で賑わう京都へ降りて来た

霧雨の中の決行、、、見る方も見られる方も難儀な様子

京都三大祭りの一つだが、祗園祭と比べると静か~!? 時代絵巻にウットリせねばならないのだろうか?

Part1は御所⇒下鴨神社

これはPart2、下鴨⇒上賀茂神社への総勢500名以上の風雅な行列

でもって朝粥である!?

”瓢亭”のは有名だがバカ高くて対象外、、、ここブライトン・ホテルのはお買い得

これだけ朝っぱらから頂けば、お昼は軽く済みそう(お粥や貝汁はお代わり自由)

せっかくの天気、、、京北目指して周山街道を一路北へ・・・

美山地区へ入るとこんな映画のシーンが眼前に拡がる

美山町では此処知井地区を ”かやぶきの里” としてアピールしているが・・・

数十棟の住民はそんなのお構いなしの日々の生活を送っているのが印象的

こんな具合に。。。

かなり凝った造りである事が判る

内部屋根裏

冬に訪れた飛騨白川郷のような派手さもなければ、自販機のような雰囲気壊すモノの設置もない

素朴そのもの

京都の街から一時間と少々で味わえる普通の 「昔」 貴重である

帰路、立ち寄ったのはこちら

正に山寺そのもの

勅使門

春と秋が一緒に来たような!?

天然記念物 「九重桜」

何といってもこちらのサプライズは本堂

ご本尊を仰ぎ見るの図

理由はこの庭

日本広しといえどこのように拝みながら正面にこんな風景アリというのは珍しいのでは

回廊の向こうには

怡雲庵

先日訪問の吉野には後醍醐天皇・・・

こちら北朝の光明天皇と院政の主、光厳上皇・・・

燕の餌やり

春夏秋冬問わず愛される桜

後花園天皇 御水尾天皇 明治天皇と、皇家菩提寺としての施入の証

しかしながらこの静寂

加えて保存状況芳しからぬ箇所散見

多少の危惧抱きながらもこの地を後にした

とんでもない林道迂回して北方面から貴船に降りて来た

貴船神社奥の宮からスタート

此処はお初参拝

本宮へと約700m進む

こちらは中宮

境内にあった碑

そうなんだ、、、恋愛神社か貴船は・・・

川床の準備も万端

そしてTV番組で度々登場

本宮本殿です

逆参り!?終え奥宮へと・・・

新緑から受ける 「気」 のお蔭で英気十分吸収出来て良かった!

だんだん