21 Nay 2014

Fudeさん錨泊 at 長崎

昨年より継続のFudeさんクルージングも巡り巡って長崎港着、、、霧雨煙る出島ハーバーを訪問

「いらっしゃい!」

「これ、ええですやろ?」

DREAM号銘板、、、チーク製

沖縄宜野湾のハーバーより北上、奄美・トカラ・屋久経ての長崎入り

気になる明日の出港予定だが、北からの真登り

「もう一日休んで風の変わるの待ったら」 「そやね、そうしますう」

こちらは?

蔦の絡まる旅籠いうたら・・・・・

雲仙観光ホテル

今や国内でも数少ない純木造オリジナル状態そのままのホテル

「ごっつうええ雰囲気ですやん?」

先ずは源泉かけ流し温泉でしょう

ヨットマンの一番の憧れ云うたら温泉、これに尽きます

潮のこびり着いた身体清める事暫し、、、

これは私の温泉効果!? キープせないかんのですが・・・

ホテル内の散策、こちらは読書室

メインダイニング

レトロな雰囲気が嬉しい!

名物のビーフカレーもさる事ながら

コレ! 上品で宜しい!

遊人は何でもやる・・・

この人のお蔭で私の日頃の行動も随分抑えて感じられる!? 持つべきは友である!?

すっかりリラックスしてはります

BAR

現存するオリジナルキープの純木造ホテル云うたら此処雲仙の他には、、、箱根と軽井沢と日光くらい? 今やお宝的存在

「こんなホテルよう残ってますなあ・・・」

ハーバーに戻って、オーストラリアからのヨットマンの質問に答えたり、ハーバーマスターとのお喋りで時間は刻々と経過

同級生の中牟田新ちゃんから以前聞いていた長崎一番の中華料理店再訪

午後6時開店の一分前に到着!?

同じく入店待ちの客と一斉に着席、、、いきなり満席である 貸切他は予約不可なのである

焼豚の前菜からスタート、、、ペロリ平らげたら

お次は?

エビチリ

ヨットマンに欠かせぬビタミン源、、、青梗菜

「コレ喰いたかったんですわ!」

見ただけで濃厚な仕上げが判る! 食欲そそられる逸品!

このように挟んで、マックの要領でガブッと喰らう、、、至福の時

「ようけ入ってますやん?」

溢れんばかりのフカヒレスープのお一人様分

締めはどうする? 麺、飯、それともアレ?

結局アレっちゅう事でしたが、、、見た目で判る味のレベル

思案橋横丁のこちら、夕食のみ 095-821-0373

この後Fudeさんは更に北上、、、五島列島⇒壱岐・対馬⇒韓国釜山⇒隠岐島 再び南下、沖縄目指すルートの予定

舟が家の奇人変人さん!?

彼の航海の安全祈って帰路についたとさ

だんだん