13 Aug. 2014

「モン・サン・ミッシェル」

仏人にも人気の ”モン・サン・ミッシェル” 敬虔な信者さん巡礼の地

司教オベールが、大天使ミカエルのお告げにより、海に浮かぶ岩山に聖堂を建立した708年に
その歴史は始まり、966年にはベネディクト派の修道院が設立、拡張を繰り返し16世紀に完成
一時期、要塞や牢獄となりながらも、1966年からは修道院として甦り、現在に至っています
 

島に入る手前辺りで前線の通過、、、雷・豪雨・突風の襲撃受ける

これは間違いなく、大天使ミカエル様の怒り!?

島の構造はこんな風

準備の宜しい信者さんは問題なし、しかし気軽に訪れた客人はずぶ濡れ

グランド・リュ : 巡礼者が列をなした、修道院まで続く曲がりくねった細い坂道、レストランやみやげもの屋が軒を連ねます 

何とか逃げ込んだ地中海料理屋さん

雨に遭遇少々冷え込み気味に効く、魚の煮詰めたスープ、チーズ溶かすと一層美味

フリュ・ド・メール 海の幸盛り合わせ

此処モン・サン・ミッシェルの海は最大干満の差何と15m、、、有明海でも8~9mですからこの差は驚きですね

近郊の牡蠣(オリジナルは日本の真牡蠣)の養殖場はこの差を利用し、海底に巨大牡蠣棚を設置、これに滋養豊富なプランクトン

含む大量の厚さ13mの海水が覆いかぶさり年中食うことが出来る美味しい牡蠣を産す仕組みらしい

地元産子羊の骨付きソテー、、、潮っ気充分な牧草で育ったノルマンディー産子羊は超美味、この地の人気料理

他に、ほかほかオムレツも名物のようだったがまるでカマ焼き卵ホイップ、、、今回はパス!

たらふく喰って外へ出たら? ミカエル様のお怒り解けたようである

人混みで前に進めそうもない

目的の聖堂目指そう・・・

ようやく近くになって、威容感じる

ご覧の通り、平面に配置の他所の修道院プラントとは全く異なるこの地独特の積み重ね形式修道院・・・

海で~す、、、周囲グルリと

修道院としてだけではなく、一時は要塞も兼ねていた

向こうに遠浅海渡っている信者さん達発見!

先を急ごう・・・

あの小島も気になる

石段も急、、、お年寄りは大変だ

事前入場券ゲット、、、右の長蛇の列尻目に左からスイスイと入門

何層にも構成されている様お判りですか?

振り返って村のバスターミナル遠望、、、以前と違って昨今の島へのアプローチは格段に向上

やはりこの展望ポイントは人気で人だかり

いよいよ核心部へ・・・

此れは分り易い10世紀、創建当時の島

200年後

島全体に活気が感じられるようになったのは?

17~18世紀頃

それから現在に至るというお勉強はどうでしたか?

ノルマンディー上陸作戦から今年でちょうど70周年

大天使ミカエル様は今の世界情勢見て

満足されてはいないでしょう

こんな海はかつて、、、お目にかかった事はありません

これだから修道僧もたやすく島脱出は考えにくかったかもしれません

修道院内部に入りましょう

内陣です

1523年に完成を見た、高窓から差し込む光の効果を最大限に考慮して造られた聖堂奥のゴシック様式の内陣 

シャルトル見た後なので一層質素に感じます

何という美しさ、、、急に緑との対面!

ラ・メルヴェイユ : メルヴェイユ(驚異)と呼ばれる3層構造の居住空間、3階に造られたゴシック様式の回廊に囲まれた中庭は圧巻 

照明の電球までデザイン性溢れている

ボランティアの説明聴く信者さん?

差し込む光量は抑えめ

はっはあ~、、、サン・ミッシェル様

シンプルそのもののステンドグラス

天使様?

此れは何に使うの?

当時の食糧はじめ生活物資はこちらの大滑車でもって

大地面から引き揚げる

信仰心無い私のシャッターはブレ気味!?

広間に降りて来て修道院内ツアーは終了

修道院に大砲、、、面白い組み合わせですね?

やっぱり来て良かったと思うに充分なこちらモン・サン・ミッシェル

未だ怒りは治まらず? 通り雨です

王の門潜って

中門経由

前哨門で要塞外に出る寸法

中々の重圧感ありますねえ・・・

もう一度忘れぬように左から、、、

右へと、、、

はあ~、、、失礼しました

何だか神々しいほどの見送りの様子、、、渡欧前に偶然放映のモン・サン・ミッシェル

生は全く別物であります

凡そ5時間弱でパリへ入って来ました

バスの最終降車地は彼のガルニエ宮、、、夜の9時半です

宿横のセーヌは滔々と流れ行く・・・

おまけがあります・・・・・

世界の観光地Paris、、、そのお礼!?

午後正9時~午前正1時の都合五回大サービス、、、通常照明が突如5分間だけ超キラキラと瞬きます

こちらではこれを ”シャンパン・フラッシュ” と云うそうですがそれこそ見物は市内何処からでも可

皆さんに超弩級映像送るには? そう、トロカデロ広場がよかろうと地下鉄で午後9時58分着! 

始まり、始まり、、、写真は此れですが帰国してお宝動画をアップしましょう・・・・・

英国に始まり、ノルウェー、フランスと渡り歩いた 「寅さん旅」 此れにてお・し・ま・い

ご静聴有難うございました!!!