26 July 2014

「憧れの チッピング・カムデン訪問」

ロンドンで借りた車を駈けって一路西へ・・・・・

高速道路M40から分岐してオックスフォード・チェルトナム方面へ向かっている

目指すはコッツウォルズ地方、、、早くもお店はロマンチック風!?

本日の観光スタート地点は? コッツウォルズ地方の主要な街チェルトナムが起点となる

ナビは日本車装備のほうが数段上だが此奴は何とかなりそうだ

今回渡欧する10日前のこと

「コッツウォルズやってるわよ、BSで」って小春ママ

これで決まりのコッツウォルズ・ドライブ・・・

本日は”北回りコース”参考に

英国屈指の美しい町として人気が高いチェルトナムに入ったらいきなり、その美しさに仰天

この街はビクトリア朝時代に保養地として栄えた英国代表する温泉地

あれもこれもカメラに収めたいのは山々なれど、、、ロマンチック街道を一路北へと進むと

「此処もいいなあ、気に入った」

蜂の巣のような写真だが・・・

教会内で聴いた讃美歌が美しかった

運転しながら撮りながら、美しさに惹かれながら!?

街道筋に不動産売却中や完売の案内板が目立つ

もちろん美しさの源はテーマパークではなく、生活そのものが長く保存引き継がれているからに他ならない

街の様子は基本的に何処も同じ? ように見えるだけ

そう、、、よくよく見ると微妙な違いに気づくのである

ブロードウェイに入っている

街の名の通り、広い目抜き通りには、観光地らしい可愛らしいショップが並んでいる

これは何と重厚なお宅だ事

屋根は殆ど石を薄切りにして重ねた頑丈なもの

こんな具合のロマンチック街道ドライブ、、、魅力満点です

なかんずく、花と緑は私の眼を大いに愉しませてくれている

そして愈々やって来た

そう、、、チッピング・カムデン!

街の高台にある教会へと引き込まれるように・・・

12世紀から毛織物工業の繁栄とともに成長したチッピング・カムデンのランドマーク的存在

”セント・ジェームス教会”

裏手に回るとそこには埋葬されたくなる気分!?

正に別天地!

気温25度程で湿気はあまり感じられないけど、、、何といっても脅威は香り

窓開放して走るのが当然の、何とも云えない好い意味での田舎的田園の牧草の香りに包まれている

教会前のお宅のバラ窓がとても気に入った!

目抜き通りに降りて来ても香りは全く変わらない

そぞろ歩きの中でまたまたお花さん発見!

頃合い宜しくお昼過ぎ、、、この窓の向こうに坐してランチする事に・・・

食後再び街の雰囲気を堪能せんとばかり

住まいの方も大変だろうと想像に難くない

そう、、、メンテナンスだ、この雰囲気保つに人的金銭的努力は欠かせない

これは何とまあ、、、屋根が変わっている

イモムシに包まれた生活っていったいどうなんだろう?

チッピング・カムデン訪れるきっかけとなった小春ママの一言に大感謝の一日

彼の香りの源の一つがこの田園が発す牧歌的なものである事は間違いなかろう

想像以上に広いコッツウォルズ地方をまんべんなく見て回りたいと思ったら、ロマンティック街道ドライブがお勧め・・・

コッツウォルズの深い歴史と自然を十分に満喫できる事請け負います

"南回りコース" にも後ろ髪引かれつつロンドンに戻りましょう