05 Aug. 2014

関西花便り(藤原宮の蓮)・・・byはなママ&はなパパ

 

ノルウエーの旅、「飛行機が着陸するとビートルズの曲が流れてきた。」

みたいな書き出しの本がありましたね。

海の風景が素晴らしい、という言葉しか出ません。

少しは涼しいんでしょう、と思いながら、こちらは毎日35度前後。

7月31日、蓮の花は午前中でしょうというはなママの言で、熱い日差しを

浴びながら訪れました。

近鉄「大和八木」駅から歩きます。

途中に文字が見えませんが、これはJR「畝傍駅」。

30分ほど歩くと到着です、去年も訪れた藤原宮跡。傍にある資料館の方が、

夏の蓮はいいですよ、との話で来てしまいました。

まずはご挨拶、の後ろに見えるのは「耳成山」。

蓮の前に、キバナコスモスを見ます。

今年は出来がいいですよ、とは資料館の方の話。8月いっぱいまで行けるか。





アップもご覧下さい。

向こうの山は、「畝傍山」。

では、次へまいりましょう。

古代史好きのはなパパですが、大和三山と藤原宮の解説は、今年6月にリンダさんが投稿した「大和三山巡り」に詳しい。そちらをご覧下さい。

大極殿の柱の大きさは?

ここでは、キバナコスモスの向こうに白いものが見えますね。

大きな蓮の池、向こうの山は「天の香具山」。

いくつかの種類があります、唐招提寺にも蓮池がありましたね。

さてさて、どの花がどの種類か当ててみませんか。

白い花がきれいでしたね。

堪能しました、香具山を背景の蓮でお別れです。

駅へ戻る途中、こんなお寺がありました、高野山真言宗の「おふさ観音」。

風鈴まつりをやっていました。

この方、ここの蓮が気に入って、来年も来るよだと。

では、またお会いしましょう。