10 Jan. 2014

「南国の休日は・・・・・」

From Millan.Net    スキー天国⇒⇒TG649便⇒⇒此処バンコクよりお届けする温かレポをどうぞ!

三島由紀夫の小説に登場の ”暁の寺” チャオプラヤ川からの眺めではNO.1の ”ワット・アルン”

その寺を船上から眺める、、、それも美味しいタイ料理頂きながら 私の訪タイ20回記念晩餐から始まるイベントの数々・・・

正月スキーの次は温かな南国での休日・・・・・気温差何と三十数度

それも国際色豊かなメンバーと共に、、、BOちゃんは今年あたり子宝に恵まれるかも、優しいGiftと幸せな日々送ってる

JALのキャビンアテンダントやってたので日本語少々可

繁華街にある彼女のブテッィクでのショット

エミレーツ航空でCAやってた完璧な英語話すBELLちゃんは結婚生活2年目、、、

これまた穏やかな性格のデンマーク人旦那のFinnがしっかりと寄り添う

現在BOちゃんのブティックのネット販売一手にやっている夫婦でもある

子供は一人!?

大切な家族の一人TuTu、、、拾われたシーズ犬だ

ワンちゃんは話題の中心、、、こちらは小春で応戦!?

ブティックの専属モデルさんもこうやって散歩に一役かっている

二日目も彼等と共にバンコク一番のセレブ・イタリアン ”BISCOTTI” で、、、今宵は私からの 「NewYearPresent!」 かなり高いのだ

トリュフがしっかりと添えられていた

こうやって優雅な時間過ごせる贅沢さは何ものにも代えがたい

「BELL、お前最近フィン似になったんと違うか?」 「まあお父さん、、、彼が私に似てきたのよ」 (日本語では意思疎通不可)

セレブな女性の色香漂う妙齢のBO、、、義理の弟心配して私宛携帯にメッセージ 「BOちゃんへの私の熱い想い、しっかり伝えて下さいよ」

云われるまま伝えたらBOは満足気、、、心配そうな旦那!?

英語にタイ語そしてカタコトの日本語飛び交う宴席、、、愉快な事この上ない

英語は必須だ! それも日本語⇒英語変換では追いつかない、、、矢継ぎ早に浮かんでは口にする旬の生トーク・・・・・やっぱ必須だ!

こんな夢物語のきっかけ? 覚えている読者も多い筈

出会いは6年前、、、英語が結びつけた縁、大感謝だ

現地の人との会話抜きに真の国際交流は果たせない、、、お互いの意思疎通が今後の地球平和のメインテーマ

通貨円と日本製品はとっくに国際化しているのに比してお粗末過ぎる日本人の会話能力

海外に居て痛感させられるのはいつもコレ、、、相当損している我々日本人、大枚はたいてやって来て収穫はごく僅か、でも来ないよりはマシ!?

入試の為の英語が弊害となっているのは疑う余地なし、、、これでは駄目、中学一年からの英語レッスンはいったい何だったの? 

読者の皆さん、、、A Happy New Year って賀状出してませんか? 英語の先生からこう書けと習った?

笑われますよ、、、Good Morningって云うでしょ? Happy Birthdayって云うでしょ?


Happy New Year って、正しく書きましょうね、2015年の挨拶には・・・・・

そうだ、若者は志抱いて海外へ向かうべきだ! 海外は情報の宝庫、取捨選択のお勉強が肝心なのであって、成果は後から付いてくる!

これはフォアグラのリゾット

他にもモッツアレラ・生ハム・チーズに新鮮サラダにスープ、、、どれも上質で美味な料理の数々に皆さんウットリ・・・・・

デザートのパンナコッタ

そして今日はバンコクから2時間弱、Finnのドライブで有名な水上マーケットへと・・・・・此処はかねてより行きたかったが今回お初!

雰囲気最高!!!

飲む・食う・買うが

手漕ぎ船に乗っかって、揺られるままに出来る

このスタイルが世界中からの客人に受けているのだろう

ようやく日本全土への海外からの客人総数が1000万人超えたとのニュースが紙上にあったが

此処バンコクだけで年間1700万人、、、「トラベル+レジャー誌」掲載、世界のビジネスマン選ぶ都市人気では世界NO.1だ

その訳は? 24時間アクセス空港・治安よく・物価も安く・人間が信心深く素直・英語が通じる、、、アベノミクスも学ぶ点多い筈だ

しかしながらこの水上マーケットで一番の思い出は・・・・・携帯を知らぬ間に落としてしまった事、阿呆ですほんま!

流石はBELL、この乗船した番号B43を覚えていて駐車場から急ぎ戻って船頭呼び出し、船内隈なく探せども見つからず

「BELLもうよか、、、諦めよう」 こんな広大な市場で落としたiPhoneが見つかる可能性は殆どないはず

「なに言ってんのよお父さん、携帯の中には膨大な重要ファイルが詰まってるでしょ? さあ、探しましょ」

この娘の危機対応能力見せつけられ、妙に嬉しくなったお父さん

何とBELLも驚く奇跡が起きた、、、これは結論だが

幸い運河には落ちてなく、木製の渡り廊下にあったのをフランスからのツアー客が拾って添乗員に預けていた

賢いBELLは観光バスひしめくバスターミナルへも手配済み! 添乗員と連絡取れて駆けつけてみるとそれは有った

「正直私だって99%はダメだと思ってたの、、、だから奇跡よ奇跡!」

ほのぼのと得したような!?良好な気分でバンコクへの帰り路・・・・・

「お父さん、、、バッチリよ行きましょ」 BELLがネットを見つつ興奮しながら私に言ってる

”世界の車窓から” にも登場の彼の有名な世界一スリリングな市場の話だ、列車がやがて通過するんだと・・・ラッキー!

超ローカル線なので滅多に列車の通過がないマーケット、、、何と着いて10分もする内に市場にザワめきが・・・・・

iPhone動画で撮っているので市場の変わりゆく様子が手に取るように分かるはず 超お宝動画(3分弱我慢して見る価値アリ)

こんなんもタイミングの問題、、、とことんタイが気に入って気に入って、こんな相性のいい国は他所には無い!!!

バンコク市内へ戻って来て・・・・・

初詣は此処で、、、巨大涅槃像安置で世界から観光客訪れる ”ワット・ポー” 国宝の格式ある寺

涅槃像を背中側から見てみよう・・・

タイ・古式マッサージの総本山、19世紀タイの知の殿堂、という姿を併せ持っている寺、、、バンコク最大敷地面積・最古の歴史を誇る

足の裏に廻るとそこには仏教の108の宇宙観が螺鈿細工で描かれている、こちらから拝むとどういったご利益が?

清められたら次だ

またまた小春ママからの指令!?受けた訳ではないが

不思議と脚は ザ・オリエンタルへ・・・・・

ロビーの生花飾り写真撮る為に

年末年始は香り立つクリスマス・ツリーがデーンと鎮座・・・

テラスでの朝食も世界一ならこのロビーの雰囲気も世界一、、、フォーシーズンやSt.Regisとは一線画す別次元空間

旧館への通路もご覧のよう・・・

これは明日のウェディングの為の準備

時の流れがゆったりなタイ王国、、、BELLからいつも言われている 「お父さんはいつも元気でハッピー、でも急ぎすぎるのは良くないわ」

前途ある若者のカップルが此処から第二の人生スタートする源とも云うべき部屋だ

妙に宗教を利用し寺側からいいように利用され、訳分からぬ老齢大国目指す日本と違って、真の仏教国だから心配は要らないかもしれない

微笑みの国の夜明け、、、デモ騒ぎ(今回全く遭遇せず)、どこの国にもあるそんな歯の抜け変わり時期、避けて通れぬ一里塚

きっと賢いタイ王国は今後、より正しい選択をし、より一層素晴らしい国へと向かうであろうし、是非そうなって欲しいと切に思っている

コップンカップ!!!