15 Feb. 2014

「道子さん傘寿の祝い膳は 僧伽小野 Sanga Ono で」

日経しか読まない我が家、、、偏向報道少なく無垢な国民煽るような馬鹿な記事は書いてないし

それより何より世界経済情勢を冷静に報道してくれる

今日の食事処もその新聞のコラムから決め打ちで来た・・・・・

糸島半島に位置するこちらは旧有名料亭研修所の後継利用との事

梅も香る2月半ば、、、隠れ家的オーベルジュ訪問である

正式には

福岡糸島オーベルジュ 「僧伽小野 一秀庵」

2階の角部屋に通されて驚きは・・・

脊振山系西の端、女岳・浮獄や十坊山から唐津湾の高島まで見渡せる好立地

季節の風物詩 ”牡蠣棚” が目立つ真冬の目出度い日、、、夏は最高に海水浴客で賑わう処だろう

美人女将愛子さんの歓迎受ける道子さん、、、とても傘寿とは思えぬ艶と張りの笑顔

嬉し目出度しの品書き

待ちきれぬ私・・・

指差し確認の前菜は、、、とても目出度い大吉だ!

献立の説明受ける道子さん

お椀は心まで温まる

お造り

蒸し物と続くと・・・

外眺める余裕!? こちらは別荘 ”ラウベンコロニー” のある半島

イケメンくんの接待が適切で宜しい

これは豪華絢爛な 強肴

寿司だ!

焼き物には何かが被っている!?

開けて吃驚玉手箱!?

燻製風に仕上がった糸島ビーフ、、、香ばしさが部屋を駆け抜ける

留肴は寒ブリ

その支度中・・・

出来るまで冷製うどん、ツルッとしたのど越しが爽やか

先ずは野菜と豆腐を

寒ブリシャブは軽~くね

鯛土鍋飯

見事な炊き上がり、、、

そのままで一杯

地元産卵かけでもう一杯

デザートの綿菓子は懐かしのサラリとした味

お茶でFinish!

いやあ、素晴らしく「気」を感じた本日の午餐、、、記憶に残る膳で大満足

海を眺めるカウンター・バーからの豊饒の海

いいなあ、日本って!!!

和風総本家そのまま味わえるオーベルジュ、、、宿泊は3組に限られる

食事の価格帯がエコで!?懐に優しい・・・

http://ono-group.com/sanga.html

博多から小一時間掛けてゆく価値充分と見た