19 Sep. 2013

ここのところマイナーな山歩きが続いたので本日はメジャー中のメジャー、久住山系にやって来て

黒岳をバックに、此処は久住高原の今水登山口 午前10時のスタート

大船山を南面から攻める短期決戦型ルート、、、しかしながら難儀が予想される直登コース

何も心配せんでよか、、、筈!?

このサイズは全てコッツ写真

久住山の在る山グループはこの時期の直射日光で勘弁願いたい

こちらは樹林帯続く天蓋付き疲れ知らず

自然から受ける不思議さ・脅威・心地よさはやっぱ来てみない事には始まらない

美味しい空気満喫のお気軽トレッカー!?

早々とコーヒー・ブレイク

足許にはお花さんの応援団・・・・・

色とりどり

少しは接写上達した?

巨石地帯に入って来て

これはでかいぞ!

分岐点 そう我々は今水から黒岳方面へ・・・・・

前セリへ到達、、、運命の分かれ道!? 「案内板が無くなっている」

右は黒岳、左は大船山 「このルートでは上った事ないなあ」 「ならば久住山系で一番格調高い大船山さゆこか」

お隣、黒岳の姿が

いわゆる蛇行型の山道ではない直昇り・・・・・

「大船山の山頂か?」 「それは甘い、まだまだ先」

日なたは疲れるのじゃ

「鍛えられるよなあ」

お隣の黒岳、高塚山とその隣に見える天狗岩

ホッとする瞬間

祖母・傾の山々、、、ここのところずっと視界不良だったけど今日は最高だ!

直入町方面

もし、もしや・・・

「そうか、あれがそうか」

早速カメラ取り出して

黒岳越しに由布岳・鶴見岳を撮る

手前樹木にピントを・・・・・

最終局面の辛さ思い出す

「ふーっ、どうにかしてくれお願い!」 でもこの心臓バクバクの鍛錬は70歳過ぎてから抜群の効果が出るんだと

此処まで来たら

後は楽園!?

「お昼だ・お昼!」

3時間弱で夢の地点に到着

山頂直下の ”御池” こんな環境の山は極めて貴重

やがて紅葉時期がやって来る

秋らしく 蕎麦⇒ちゃんぽん にチェンジ!

湖面にピント

ドラマーがドラ焼きだと

デザートもこんな環境で喰うとセレブもの

「未だ山頂に登ってないよな?」 では出立!

先程までお昼してた御池

ハイ! いいねえ

いいねえ

皆、表情が違う

根子岳が霞んで正面に

久住山・中岳・稲星山など

硫黄山・三股山方面

段原・米窪方面

そして、由布岳

祖母・傾

もう一歩断崖に立って

k.mitikoさんの為に、、、坊がつる&三股山

米窪の淵を廻るルートで下山開始

この急降下はたまらなく気分の良いもの

未練の残る二人・・・・・

少し降りただけで山の表情、刻々と変化する様子確認

しかし、それにしても素晴らしい天気、、、気温22度ほど

ようやく降りて来た

段原にて、、、「あそから一気や!」

吹き飛ばされた案内板

スイスアルプス3名花の一つ エンチアン、、、後はアルペンローズとエーデルワイス

大噴火口の痕跡

マイナーなルートだけあって、みやま霧島が通路塞いで歩行困難!?

ザザザっと引っ掻く音

もうこんなに降りて来た

此処にも秋の気配

いいねえ

とても気に入ってる!

米窪振り返って

急降下爆撃で 男池⇔今水 メインルート合流

最後のコーヒー、、、この美味さは此処の場所に来てからでないと理解出来ぬもの

午後4時の下山予定目指して・・・・・

黒岳の斜面は美しい

岩場を乗り越え・乗り越え

フラッシュで撮ったら

フラッシュ無し

予定少々オーバーし、16:15下山、、、いつもながら二人すっごくいい顔してはる

長者原から一番遠い大船山、、、色々なルートあれど通常8時間以上は見ておく要アリ

走破距離約8000M 累積標高差2100M 所要時間6時間15分

頂に特徴あるあの山だった

祖母・傾

久住山系

右端の山が大船山

根子岳もクッキリ とにかく朝から夕方まで雲の無い一日であった

黒川温泉にて、横は黒川 湯船には湯の花がいっぱい

少々遅くなったので日田名物大盛り焼きそば喰って帰路に就いた

あ~愉快だった!!!