16 Oct. 2013

「カナダ漫遊記(西海岸の巻後篇) 完」

by 京都のリンダ


氷河に着きました


二つ並んでいますが、どちらに行くのでしょう。



この雪上車?違いました。


屋根はオープン、60人乗りでした


まだ走っています


氷河での第一歩です


カナダに敬意を表して


天気も良くそれほど寒くなかった


この雪上車です、タイヤが1,5m


この色がグレイシャブルー


撮影隊と同行です、瑞穂ちゃん


ここらは少し融けています


帰り道の休憩場所、ここも素晴らしい


小屋には必ずこんな住人(?)が


車窓シリーズ、こんな景色信じられん!!


公園入口の信号付看板、今の状況が解ります


ホテルに戻って日が沈もうとしています


結婚式も


レイクルイーズは真っ青


太陽が写って


少し離れてホテルの全景


お花さんも


最後の晩餐です。久し振りのサラダ。


ここの名産アルバータ牛のローストビーフ。分厚い。


今日のオネーチャン


デザート付き。


翌日はカルガリー空港へバス、そこから成田へ、成田から伊丹へ乗継でした。
最後の便でラッキーにもビジネスに。きっと我々の人徳でしょう。でもカルガリーからだと良かったのに、、、、ブツブツブツ

と云う事でお二人さんご満悦


足置きも有り、フルフラットですが個室風でカプセルホテルみたいで閉塞感が有りました。


ゆっくりと帰りましたとさ。
 

今回は街中よりも大自然中心でしたが天気にも恵まれ心が洗われる旅でした。
人は作ったものは歴史やドラマが有りそれも興味深く楽しめますが自然の偉大さの前には少し影が薄くなるようです。
 
長々とお付き合いいただき有難うございました。
 
お・し・ま・い   次は何処でしょう???