22 Nov. 2013

「雪の英彦山」

先日来のミニ寒波襲来でお山の様子も随分変わって来たのではないか・・・・・

さすさら三度目の登山に向く山考えたが、、、英彦山はどや?

早速嬉しい石段の洗礼

「よーっと、お参りしたや?」

では出立 10:10

いきなり度胆抜かれるシーンが

奇岩群である

400万年前の大噴火そして火砕流の痕跡だ

中にはこんなんもあって興味津々

真っ直ぐ北岳目指すトレッカーが多いらしいが、、、望雲台は必見!

これだがや! さすさらの好きな鎖場

ようやく登ったら今度は蟹の横這い・・・

さらに鎖場の連続!

あれっ!? どうかした?

昨年も落下事故で死亡者のあった処

景色は云うまでもない

可笑しいとね?

高所がどうもらしいけど・・・・・

「駄目なんよ俺こんなの」

スイスイ降りればいいものを、、、未だ立ち上がれずの約一人!?

「いやあ、、、えらかったなあ!」

ご褒美のお茶しても

未だ顔色戻らず?

江戸時代の建立とある 「救世安民」の碑

氷柱もいとおかし・・・

すっかり雪化粧の登山路

分岐点にて

「嬉しいやろ?」

久住連峰を微かに望見

紅葉後のお山

雪のトレッキングルート

シーンと静まり返った霊気溢れる世界を堪能中

脇道に入ると・・・・・

I'm lost!!!

北岳山頂である

英彦山神宮上宮は彼方に・・・

よく判るでしょう? 左は南峰

リズミカルな二人

いまいちの彼!?

あと五分

ようやく到達、、、高住神社より2時間と15分

神妙に・・・・・

零下の世界だ此処は

12:30 お腹はもうペコペコ

ランチは色とりどり、、、カップ麺に鍋焼きうどんにチャンポン、ラーメン

そうです1200m!

北岳へ取って返し

抜群のトレッキング日和に恵まれた4人

お不動さんが護っている霊域

雪中行軍も心地よいもの

古くより修験道の世界は自然林が護っていて、、、植林の類は希少

此処で

オヤツ!

無事の登山の報告済ませ・・・・・

今日も本当に素晴らしい山歩き、、、さすさらもホンマモンの山男に近づいたか?

英彦山温泉でいつもの癒し

直らいは ”もつ鍋”

「なかむら」の主人、、、あまり喰らうもんだから心配そうに追加注文受けていた

一人あたり5人前をペロリ、加えて豆腐しか頼まなかったのに



だんだん