17 Aug. 2013

姿・形は全く知らねども、、、その山の名前からして興味津々

岳滅鬼山!

お隣が英彦山なので、古の頃より多くの行者さん昇った信仰の山である事は間違いないでしょう

09:30スタート

スイスイ上れるかと思いきや

マイナーなルートなのでいきなり困難な昇りが待っている

「ふーっ!」 (色合いの違うのはコッツウヲルズ写真だす)

とにかく登れ・登れ!っきゃないのである

鎖場なんかあったりして・・・

喜ぶ二人!?

荒れ放題のトレッキング・ルートもおつなもの

とりあえず真ん中の”谷コース”をチョイス

そう、谷だ!

思いのほか急登の連続

でかい炭焼き場跡

ほう、、、水場じゃ

早速早めのコーヒータイム、、、これ抜きに山に来ない!?

この時期の水の補給量たるや春・秋の2倍以上、、、飲んでも飲んでも即汗となってしまう

まだまだ先は長いぞ!

展望台って!?

なんじゃコリャ! 何も見えんやんか・・・・・しいて云えば釈迦ケ岳がかすかに

しかし、、、岳滅鬼山への稜線ルートは心地よい

「これがあるから山は止められんのじゃ!」

分岐点が多いので一応チェックせにゃならないのである

途中で鹿に遭遇したり、こんな珍しい赤い花に出会ったり

「結構遠いなあ!」

ようやく釈迦ケ岳への分岐、、、此処はかつて三国境界の主要点、無論岳滅鬼山目指してGo!

英彦山方面が時折左手に確認

少々山容も変わって来た

腹減ってどうしようもない時間帯!?

里の景色が見えるとホッとさせられるから不思議だ

そして愈々ですが

ハイ! お着き! 2時間半少々

何せ昇って下って、、、標高差があったので意外に時間かかった

遠く英彦山確認

これは南方面

さてっと、、、いつものおにぎり&蕎麦ランチでゆったりと時間を過ごす

たまらなく嬉しい時間でもある

お昼に1時間かけたので下りは加速気味!?

展望台分岐より浅間山方面へ

これが超急降下!

こんな処でコケたら

たまらんぞな!

大分降りて来たら、もう一度昇りかえして

ハイ! お着き!

本日二つ目のピークだ

ここからの下りは思い出すのも憚られる凄いもの、脚は掬われるは、もうそれは散々な目にあって

命のオアシスの水場で皆さん頭冷却中!

このくそ暑い中、、、走破距離7700M・累積標高差2100M 山中に居る事5時間と半

「一人でだったら途中で降りてきたかもしれん」 が物語る、最近にない厳しい山歩きであった

やっぱ仲間と一緒の山歩きが最高!


何が良かったって、、、それは温泉・・・・・東峰村の温泉に身を浸し足腰労わってあげたのだ


「俺達いつまでこんな事出来るんかなあ?」