04 Aug. 2013

先日ネットで見つけた「奇異な山頂の巨石群」、、、探してみたら意外と近くの山であった

7月から続く熱帯夜に猛暑日、、、イライラ気分解消にはやっぱ山歩きでしょう・・・・・

本日は単独行、何せ思いついたら即! 三瀬峠越えて佐賀は神崎方面へやって来た

先ずはその八天神社に詣でねば、、、「本日もよろしくお願いいたします」 安全祈願の後スタート

鳥居の右からが参道になっているようだ

美しい竹林、、、こんな清々しい登山口は古来よりこの山がご神体として崇められていた証拠

苔生した昇りの岩場が始まる

山域全て国有林、、、むろん植林のかけらも無い

樹林帯で直射日光からは遮られているが、この高温下

地面からの高湿度に負けそうになる事暫し

正にこの山の特徴がコレに尽きる

振り返ればシダ類のトンネル

日光の直接届く岩場に苔はないが、、、滑りやすい事この上ない

ふーっ! 佐賀平野だ

いたる処に巨石がゴロゴロ

この手の狭い切り通しに度々遭遇、、、長年かけて雨水が削った水路

大雨の後だったら一寸どうかね?

平野が下になって来て

頃良い辺りに水場、、、ぶれているのは片手にステッキ、片手でシャッター、許してたもれ

急登が続く・・・・・親不孝岩らしい

これはデッカイ石切りの跡、ぶれて判別つきにくい?

行程の中ほどに展望所

高い山ではないが、ほぼ0M地帯からの昇り一辺倒なので休憩・給水は必須!

もしかして?

どうやらあの 「奇異な山頂の巨石群」 か?

そうだ、間違いない!

祠の設置もある、、、八天神社の上宮である

多くの願いを念じて・・・・・

折角ならより高見へ・・・・・長崎自動車道で位置関係判別可?

自然林は美しい!

上宮の反対側には・・・・・

立派な水鉢に満々と水が、、、この日照り続きに誰がどうやって? いやご神体だから此処だけは水の涸れはない!?

うんっ!?

更に登山路が続いているではないか?

どうやらあそこが山頂?

此処が八天山(はってんさん)、別名 土器山(かわらけやま)の頂である

最近お世話になっている脊振山系、、、右から脊振・金山・井原山・雷山・浮嶽・十坊山遠望

佐賀平野

有明海遠望

想像以上に興味深い山容を示してくれた八天山、、、ネット上でたまたま見つけた魅力溢れる巨石群・・・・・

それが縁でこうやって気分良い山歩きさせて貰ってこれ以上の贅沢はありません

博多 →1時間半 八天神社 →1時間半 上宮&山頂 此処は穴場ですぞ!