17 Oct. 2012

高松で、、、朝6時開店の讃岐うどんたらふく喰って、ホテルチェックアウト時間まで「石鎚山レポート」まとめてアップして・・・・・

高松駅にやって来た

この ”快速マリンライナー” に乗車して、瀬戸内の美しい眺め楽しもうと云う訳である

やがて車窓に瀬戸大橋の姿確認

ぐんぐん近づきつつある・・・・・

右手には川崎重工業坂出工場

波静かな瀬戸内海に掛かる瀬戸大橋、、、下段がJR瀬戸大橋線、上段が瀬戸中央自動車道、2段構えである

鉄橋通過に時間掛かるのは当然だが、列車の騒音が鉄橋に反射し2倍にもなって耳に入るので寝てなんか居られない

うれしい事にこの列車は宇野線を通る、、、此処こそ我が家系のルーツ!

人生六十有余年にして初めて通過する此の地、今は岡山の高級住宅地だそうな

黒田藩の岡山⇒筑前への移動と共に九州の地に定着、我が家の守護神 ”不動明王立像” も岡山からやって来たのか?

そして再会! 何でも包み隠さず話せる友は大切な存在・・・・・

社長アパートにて休息、、、間髪入れずに酒盛り

呆れてものが云えない

夜の部、、、教授が持参のセピア色写真で盛り上がっている

鳥飼小3年3組勢揃いの図

リンダ                           教授                            私 

  

マドンナの今村嬢と、担任の笠先生       活発な福島嬢も記憶に鮮明!

 

こうやって、友との再会から思いもしなかった記憶回路の蘇り・・・・・

「歴史とは現在と過去との対話である」とは名言だが

「再会とは呆け防止の最大の処方箋である」とも云えないだろうか?

友よ、、、有難う!