18 May. 2012

韓国 初級旅 その9 北村

北村

北村は、景福宮と昌徳宮の間に位置しています。
昔は両班の屋敷町だったため、
韓屋と呼ばれる伝統家屋が多く残るところです。
工房やお店やレストランもある町ということで、行ってみました。
             
           
青磁、白磁風の食器。

中庭は素敵なスペース。

赤レンガの韓屋もありました。


     
瓦の横縞、素敵です。

韓屋めぐりのグループ
 
僕の通学路

ビル街も見えます。

植木屋さんの車?


こんな感じで坂が続いています。

  

 
坂を登りつめるとそこは中央高等学校。
「冬のソナタ」のチュンサンとユジンの高校の撮影地と知ってびっくり!
とてもいい環境にありました。

この辺はいい住宅街のようです。

*****************

尋心軒

こちらは入居前の新築のお宅で、内部を公開中でした。
名は「尋心軒」 だそうです。典型的な韓屋建築のようです。

門を入ると小さな中庭があり、家はコの字型に建っています。
こちらの棟は奥が門で、手前は家事部屋だそうです。
土台は一段低く縁側がついています。儒教の伝統に沿ってます。

こちら側は主人の住む所で、三段の石積みの上に直角に建っています。
ガラス戸側は玄関と居間で、欄干側は座敷になっています。

とにかく凝った造りです。
しきたり通り、字を書いた白い紙が貼ってあります。

    
家の中に入れていただきました。

韓国では松材を使うのが本格的で高級なんだそうです。
柱も、凝った細工の欄干も、華奢な窓の桟に至るまで
全部松です!
どうも大変な普請のようです。
   
天井は張らずに、梁など屋根の構造を見せています。


周りはみんな古い韓屋のようです。
ここに本格的韓屋を新築して大事に住む・・・素敵ですね。

内部のインテリアは簡素で軽快。

建具には白い紙を張るようです。 右は朝鮮机。積み上げて置いてます。

韓楽器。   カラフルな伝統模様のお布団。

見せて頂き、本当に有難うございました!!

*******************

韓定食

今日は北村で夕食ということで
ガイドブックで見た、近くの「ソルメマウル」へ行きました。

庶民的なお店で、まだお客は誰もいません。
エプロンのおばさんが、「ハイ、韓定食二丁ね〜」みたいな。
大丈夫かな〜と思っていたら次々と出てきました。

かぼちゃのスープ。                            巻いて食べました。
ブルーベリーのドレッシングでした               鶏肉の甘辛

タンピョンチェ(青豆ゼリー?)                   牛肉プルコギ 

チャプチェ ジョン

そしてコースの最後は野菜のビビンバ。
こうやって、再びセットで出てきます。
びっくりしながらも、軽めに作ってあるので結構残さず戴けました。 

庶民派韓定食、因みに1人2万Wでした。
帰る頃には家族連れやカップルで満席になってました。

*******************

最後に夕暮れの北村です。

  


    

北村にはまだ色々なスポットがあると聞きました。
また次回に・・・。

ー続くー