15 May 2012

桜と新緑を訪ねて津軽の旅−1

 

桜前線の北上を追っかけて、津軽に行ってきました。

今年は、桜の開花は相当遅くなりそうだということで、例年なら終わっているゴールデン
ウイーク明けを狙って、弘前城の桜見物と思ったのだが、連休に入った途端、急に暑くな
って、桜も大急ぎで咲いてしまった。

それでも、いろいろな桜と東北の自然を、十分楽しめました。請う、ご期待。

 

今回はいつもメンバーに加えて、福岡からは渡邊章君が参加

伊丹空港で、福岡からのメンバーと合流して、青森行のボンバルディアCRJ200に乗ります。

この小っちゃい飛行機、50人乗り

リワキーノは例によって、アルコールの力を借りて、気持ちを落ち着かせるのです。

 

我々は、弁当を広げます。

買ってきたものは旨くないので、手作りの筍づくし弁当

 

まるで、フルムーン旅行のようですな

搭乗口の蛇腹は繋がらないので、タラップを上がることに

 

1時間半のフライトで青森空港、眼下は北アルプス

 

そこでレンタカーを借りて、弘前城へやってきました。外堀の桜は皆散っていました。

我々が来る前、3日間は大雨だったとか。桜は散ってしまったが、天気に恵まれたのは幸い。

 

これが、花筏

 

しかし、追手門から城内に入ると、紅しだれが満開

ソメイヨシノはこのように、樹下が花びらのじゅうたん 

 

おっと、満開の桜!? 

種明かしはこちらをよーく見てください。

 

わずかに花びらが残る桜と天守閣をバックに 

 

天守台のしだれも見事

ここからは、岩木山を眼前に望むことができます。昔、津軽の殿様は毎日ここから、岩木山を眺めていたことでしょう

 

しだれ桜を髪飾りに・・・ 40年ほど昔に戻った気分 

 

弘前は洋館の町、いたるところに立派なクラシックな洋館が保存されています。

ここは、藤田記念館 

そして、旧東北銀行本店 

内部はこのようになっている。この日は無料入館日です。こんなところが東北の良いところ。

 

そろそろ夕方、今夜の宿の大鰐温泉、青森ロイヤルホテルに来ました。

むろん、かけ流しの温泉に入って、浴衣に着替え、夕食です。

 

では、おやすみ。2日目につづく・・・