23 May 2012

「ようやく帰って来たみたいやね?」

”小春の伝言板” にも・・・

Herzlich Willkommen zu Hause glucklich !

「無事に!?帰って来ました、、、ううん、、、一時帰国果たしました」

約一月にもなろうという欧州ドイツ語圏の夢の世界、、、終わった? は私の辞書には無い

驚きは天候、、、お世話になったミラノのデザイナーTomo

「パパ来る4月末頃までヨーロッパは寒くて雨ばっかしやったんやで、晴れ持って来てくれたんや」 

そう云えば宿泊宿で聞く夜明け前の雨音、、、これはグリンデルワルドで経験の一度っきり!

今日も心地よいシュテファン寺院の鐘の音で起こされた、もう5日目の音楽の都の朝、、、余裕のウィーン滞在である

さてヴァンパイア書き込みにあった

「Wien-Meidling って、これか! これが仮中央駅!? 私、地上は知らないんだ。すぐ地下鉄に乗り換えたから。
 地下は結構広かった。しかし朝は抜群早い編集長が、最後にえらい体験したね。土産話はそれから初めてよ!」

今日はウィーン⇒プラハ、、、一旦帰国!?し、いずれその内再訪の欧州、それもドイツ語圏内・・・・・何を考えてるのだ!

ネットで調べてあった09:33発の国際列車、コレは乗り換えることなく1発でスムーズにプラハに行ける優れもの

写真見てちょ、、、これって国際列車の駅? でもこんな書き込みもあったの思い出した・・・・・

「本来ヴィーン南駅から発車しますが、現在ヴィーン中央駅と生まれ変わるべく、大改造中。Meidling駅が仮中央駅の役目を果たしています」

帰国に際して安全策も考慮する編集長・・・・・「09:33をボードで確認っと、2本あるやんか?」 

とりあえず1番線に09:33ってのがあったので待つ事に、、、心配だったのでこのホームで列車待っていたヤンキーっぽい奴に聞いたのが

大間違いの始まり!!! この後とんでもない展開が待っていたのだ

「次のはプラハに行けるやつね?」 「そうっす!」

やって来たのはとんでもなく鈍間なローカル列車 ピーンと来た 「こりゃいかんバイ!」 本来乗車すべきホームに行くには時間無い

09:33は過ぎ去って仕方なく駅の案内所へ移動、、、「プラハまで急ぎ行きたいんですが?」 「あいやあ、出ちまったアレしかないよ」

「んじゃ次のは」 「12:33、3時間待ちだね、待合室は向こうにあるから」 ここで意外に思ったのは私の冷静さ加減・・・・・

3時間後のに乗っていったらこの日の帰国便には乗っかれない、これだけは間違いない事実だ

此処で登場のMacBookパソコン、、、ネットに繋いで再検索したらあるジャン 

件の案内役に見せて 「この10:20発だったら乗り継ぎでプラハ行けるんじゃない?」 「いいけど又切符買わなきゃ、駅はここだよ」

「タクシーは渋滞していて止めたがいい、次の下りで行きなさい」 ほんま何処でも優しく厚遇受ける日本人 但し言葉は必須!

曰く付きの1番線発次の鈍行に乗っかった、、、ここでまたまた幸運が訪れる、お間違いの後のラッキー!

熱くて汗かいている私見た、とあるヤンキーっぽくない若者 「どちらまで?」 「それが国際列車乗り違えて散々、南駅に行ってるんだけど」

「あそこは此処よりもっとひどい状態、中央駅完成に合わせ大改造してるから絶対旅行者には乗換えなんて無理です」

優しい若者君のお陰で南駅到着後、塹壕のようなローカルラインから出て、再び別の塹壕探して潜り込み 

「ウィーンの人間も新駅出来るまでお手上げって感じなんです」 無事今度は違うローカル国際列車に乗車 

礼を言って別れたけど、、、「正にお不動様のご加護感じた瞬間やった」 独り言

南駅10:20発乗車して乗り換えてプラハ行き、本日帰国への必須条件だ

1時間後、着いた此処はブラチィスラバ、、、持参のミシュランの道路マップ見たらウィーンから真東方向の街

今度は慎重にせんといかん、、、でもホームにプラハ行き示す文字見当たらず

そうやった、、、独り言 「同じブラチィスラバにも向う先で駅が複数アリやね」 かなり勉強しました今回は・・・・・

ブラチィスラバ駅メインロビー上にあった! 12:09発ベルリン行き、、、でも待てよ、遅れてるけど2番線確認

2番線ですが、、、ここでも当然の如く表示板に文字は無し・・・・・

皆さん待っていた4番線にその国際列車は到着、、、10分遅れの出発

本当に詳しい質問は、当該列車の運転手に聞くのが大正解、、、ドクター見送りにグリンデルワルド⇒チューリッヒ乗り換え時

後続特急が遅延、、、ホーム反対で出発間際列車運転手に 「これがチューリッヒ先着となるの?それとも特急?」 「コレに乗んな!」

これで何とかなる? スムーズにプラハ着いて頂戴!

残す気掛かりは1点のみ先日のKoreanAirからの電話  「オープンチケットのプラハ発ですが2時間前までにチェックイン願います」

食堂車で食べる余裕!?

マグロサラダとあったけど、、、単なるツナ缶のそれ、いきなりのチェコ、贅沢云うまい

思い出すのは昨夜のディナー・・・・・「そいでヴィーン最後のアーベント・エッセンはここがよいかも。ヴィーン最古のレストラン

云われるままに、創業1500年のグリーヘンバイスルに行って、、、勿論観光局お勧めの見所200選(紅白旗が目印)

生チター演奏聴きながら・・・・・

喰らった子豚のオーブン焼き、、、人参ホイップと栗入り餃子と共に頂く、記憶に残る飯何度食った事だろう

話戻そう、、、ミシュランマップにあったブレクラブ、大分プラハに向いて来た

ウィーンのホテル出たのが朝08:30、、、ようやくプラハ

フウーっと、、、8時間掛かった勘定や! 

プラハかあ、、、此処も訪問し観光の予定ポイントとはなっていた街

しかるに今回は、「なんてたってオーストリア!!!」 

次回はって事で、又来ますけん・・・・・

プラハ空港は巨大ハブではない国際空港、、、「2時間前までに」 ってあったアレのみ心配だった

大韓航空カウンターにお客の姿無し、、、皆さんチェックイン済ませたんだ、急ごう!

結局チェックインは出発前1時間15分 「座席は予定通り確保しておりました、急ぎ出国へどうぞ!」

今日は5月21日月曜日、、、プラハ⇒インチョンは 月・水・金・土 「もしも駄目だったらプラハ2泊、これまた良し」

ウィーンのホテルザッハーで購入の重いアレ

旅の喜びは戻る処があるって事だ・・・・・

喜んで待っていてくれたのは小春、、、心配だったザッハトルテ、大丈夫のようだ

大活躍のナヴィへの気持ばかりの品、、、銀座で売ってるのとは別格の ”Theザッハトルテ”

DEMELは? ネットで見たら最近評判芳しからず

まあこういった顛末で、、、恥ずかしながらの一時帰国、ユーレイルパスも7月初旬まで有効!?

ではまた・・・・・

未公表画像多々、暫しの休息、再び本編でお会いしましょう!