03 May 2012

「ミュンヘン⇒ツエルマット 移動編」

ローテンブルグ晩餐と、ミュンヘン地元グルメ午餐&観光編は後日のレポートとさせて貰って・・・・・

早朝のミュンヘン豪華旅籠の最上階レストランに居ます

お客さん誰も居てはりません、、、生ジュースから始めましょう

「とても爽やかな目覚めでした」

本日の、10時間以上と予想される長距離移動に備え、、、こんなお皿が幾度も!?

午前8時前にはミュンヘンの街を後に、、、一路LINDAU方面へ・・・

バイエルンの青い空と白い雲、なんて幸運な天候でしょ

出勤時間帯と見え、、、上り車線は大渋滞、わてらスイスイと思ったら

今回のドライブでお初のSTAU?

これかあ、、、たいした時間ロスも無く通過しました

此処で高速降りて・・・・・

わざわざLindauの田舎道へと入って、田園地帯のドライブ堪能中

左手にBODEN湖見ながら進んでいますが

右手にはワイン畑

やがてメーアスブルグの街に到着、、、

コンスタンツ行きフェリー乗船の為なんです

運良く、次の船まで待たされる事なく待機中の本船にオン・ボード

メーアスブルグ離れて

向こう岸のコンスタンツまで半時の船旅

運転しっ放しだったので、、、この一杯のコーヒーが超美味い!

「まさか此処で船に乗れるなんて、思ってもなかったばい」

お次は列車です、、、車⇒船⇒電車、実に変化に富んだ内容のツアー

ボーデン湖を望む 「世界の車窓から」 のワン・シーンそのもの!

コンスタンツは国境の街、、、既に我々はスイスに入っています

「国境超えするとに何もせんでいいとや?」

判っていますって、1等ですたい!

色彩の織り成す人間の安らぎへの効果抜群のシーン!!!

12:21コンスタンツ発ローカル列車⇒12:59ワインフェルデン発幹線列車へ乗り換えです

このインター・シティー列車に乗ります

サロン席占拠して、、、約3時間の優雅な列車旅

しかし思い返すはドンピシャの本日の連係プレイ・・・・・

フェリー下船⇒ガソリン満タンでレンタカー返却⇒タクシーでコンスタンツ駅まで⇒列車に乗車して数十秒後に出発進行!

少しでも早い時間帯に目指すツエルマットに到着させたい一心のツアコン、いい仕事してます、褒めてあげたい!?

この湖に沿って行けば、そこはインターラーケン、後日の楽しみです

我々の列車はここで山間部へと一気に入って行きます

Vispで再び乗り換え・・・・・このマッターホルン登山鉄道の列車です

本日最後の行程、、、Visp⇒Zermatt、約1時間です

桜咲き、羊草食むこの光景は、、、Theスイスそのもの!

セント・ニクラウスで上り列車を待ちます、単線そしてアプト式なので距離的には短いけれど、時間はそこそこ掛かります

川の色も緑⇒白濁と変化しています、、、これは氷河の影響です

お疲れさん!!!

ミュンヘンから10時間かけての大移動でした

当然ながら、この美しいツエルマットでは内燃機関の車は乗り入れ禁止、ホテルゾンネのお迎え車両に乗車

2008年投宿の思い出いっぱいの此処も、、、

彼のマッターホルン初登頂のウィンパー定宿の此処も、、、目抜き通りの殆どの宿も休館中

スキーシーズン⇒登山シーズンの丁度端境期なんです、今時分は

そんな中、我々を迎えてくれた貴重な宿 「ホテル・ゾンネ」 さん有難う!

さあてっと、、、一風呂浴びさせて貰うとするか・・・・・

とりあえずツエルマット到着編でした