27 Dec. 2010

「南国の部屋の大掃除後!?の再会編」

大掃除も何とか済ませ、昨晩は御褒美!?のタイ料理満喫の夜・・・・・明けて翌日は

向かいには世界一評価のホテル、オリエンタルが鎮座、あそこの朝食も素晴らしいが今日は船で・・・・・

チャオプラヤ川対岸のホテルの朝食バイキングにチャレンジ! 「テラス席いかがでしょう?気持ちいいですよ」

「中にしよう」 乾季とは云えエアコンの効いた部屋がよか

此処ペニンシュラのパンは有名、工房から次々に運ばれて来る

果物に関してはオリエンタルに軍配上がる、、、元取ろうと3度ほどこのコーナーへ

Bellからメール 「今職場から、よかったら見に来ない?」

市内中心部のサイアム地区、伊勢丹デパートのお隣さんとして最近脚光浴びる”プラチナ・モール”

その1階に出店している”THONGYOY”、Bo&Bellの妹Beamがオーナーのショップ

今日は週末とあってもの凄い人出、従姉妹とBoの旦那君も駆り出されての接客

「Bell, お前キレイになったなあ、あいつとはどうなった?」 「うんいっぱい話したいことあるんだけど・・・」

「分かった、積もる話は晩飯時にしよ」

不動産屋さんと諸々打ち合わせの後、夜を迎えました クリスマスナイトをバンコクで過ごすのもよかもん

待ち合わせの場所は、、、確かここやった筈 「読めんこの字は」

私のリクエスト ”イサーン料理” に応えてくれての店選び、大いに楽しみである・・・・・

約束の時間きっかりに参集の面々、タイ時間かと思いきやピッタシ!

Bellと、週末店でバイトの女子大生従姉妹

同い歳の親父さんと、、、中国系なので二人の意思疎通は”漢字” 周りの者ども 「それで通じるん?」

此処の名物 豚のトントロみたいなイサーン風仕上げ、出てきたら、、、

「乾杯!」

仕入先から戻ったBo

「遅れてゴメンね」

”ケーンラーオ” 海老の出汁をベースに酸味利かせたスープ 「はまりそうな味付け!」 

”ソムタム” 青パパイヤのスパイシーサラダ

先ほど店で手伝っていたBoの旦那さん、昨年結婚してからもう尻の下!? 優しさ顔に滲み出てる

”Theガイヤーン” これ喰いたさにリクエストしたイサーン料理膳

イサーンとはタイ東北地方の名、ラオスと国境接している関係か、素朴だが肉料理中心で主食はもち米

此れはもうとろけそうな仕上がりの鶏、、、追加追加で都合8皿、でも全て空、それほどまでに美味い!

Boが手にするのは ”カーオニャオ” もち米の事だが・・・おかずにピッタシ!

親父さんOK?

”ラ−プ” 豚のひき肉サラダ

もう次から次だ これはイサーン風ソーセージ まろやかな事この上ない

レバーの”ラープ”、健康食との事

喰った・喰った、、、もうこれ以上は・・・と云いながらこの後はデザート 〆て¥10000からお釣来た タイで暮らす年金暮らし日本人多々

左端のデブちゃん、、、Bellのフィアンセ、優し過ぎるデンマーク人「夏のフィヨルド案内しまっせ」、紛れもない国際交流ディナー 飛び交うのは

タイ語に英語に日本語 + 親父とは漢字 こんな風景当たり前の此処バンコク、長い歴史の中にある国際交流、これで長年独立保ったのだ

2007年に訪れた郊外の町 ロップブリーのおばあちゃんの事が気になっていたので 「どうしてはる?」

「とても元気よ」

第二次大戦中は日本軍関係の仕事してた方、、、名家の出なのだ

Boが次に見せてくれた画像・・・・・

こいつ、コイツ、左のBoat 「お前、勉強してタイを引っ張るような事せないかんぞ」云うてた奴が大学2年生

それも名門”タマサート”の工学系専攻、将来はアーキテクチャーだそうな 丸顔の娘さんが噂のBeam プラチナモールに

2店舗、その他に1店舗展開して尚、ファブリック輸入・企画・縫製・輸出・店舗展開と超忙しい身、今晩も出張中

BoはJALを退社、Bellはエミレーツを同じく退職し、今はBeam立ち上げた企業を家族総出で頑張ってやっている様子

「嬉しいねえ、今後も大いにバリバリやってくれ」

これがファミリー、、、長男がおばあちゃんの横に、とにかく一致団結の素晴らしい一家である

故郷ロップブリーでこのパエスワンファミリーは超有名な家系、公園・学校・銀行・商店に家名冠する優雅な家族

親父と一緒に歩く道すがら、会う人毎に頭下げはるものやからこちらも米つきバッタよろしくペコン・ペコンとやったものだ

明けて、今日も清々し〜い、、、 アパート横の王様の競馬場 ゴルフやってる連中発見!

聞くところによれば 「超エリートのみプレイ可能、日本人だったら大使クラスか銀行支店長クラスのみでしょうか」

ショッピングモールにやって来て

「何やこれは?」

もしかしてこのエンブレムは ”MAZDA”!?

ええかっこうやないか

”流雅”だと、、、日本ではなくこのバンコクでいの一番に展示のプロトタイプ 日本のメーカーもアジア抜きにやっていけないのだろう

歩くとお腹すくから不思議だ・・・・・

昼食です

アパート近くのエラワンホテル地下、もう何度も通った店だが 此処で従来お世話になった不動産屋さんとビジネスランチ

バナナの葉と共に揚げた名物鶏料理

開けるとホイ、、、甘いたれと共に食すともう天国の味、バンコクは通称名、正式には”クルンテープ” 天使の都

湯麺撮り忘れていた、、、もう腹の中

これは 春雨と海老の炒め 紛れもない「天使の味」 病み付きになる事請け合い!

ふう〜、、、こうこなくっちゃ!

フットですか?

「いや、全身で、それもオイルマッサージで」

全身オイル+温熱マッサージ¥3300で2時間、、、至福の時 (タイ式マッサージは¥900)

外食続いたので出立前の晩飯はセルフで、、、近所のスーパーでお買い物したもの並べ思案中

ここのアパート管理してくれる新しい不動産屋さんと食事しながら、今後の展開打ち合わせもせねばならない

牛フィレ肉、糸島で購入の100Gあたり¥680が格安だとすれば 此処のは¥350 これが国際価格、脅威ですらある

パパイヤじゃないよマンゴーだよ、、、一ランク上のフルーツ ¥200

お隣のアパートも夕食の支度はじまったのか?

夕暮れ時は一層静かなこの界隈

今後のアパート管理契約も無事締結し、今回の訪タイも任務完了!

たらふく食って一眠りしたら空港へ、、、そして帰国します