確認いい?

グルメよし・ショッピングもよーし

で始まった、今回の奈良・吉野行脚・・・どうなることやら。

4/16〜4/18 2001

新大阪駅に森脇君の出迎え、一路奈良の町へ出発!

昼食は森脇君ご推奨の<采一輪>
奈良女子大近くの民家がお店。

昼食・夕食ともに、一客しか受けない自然食中心の献立。
「食後のお茶はご自由に・・・」ということで

修猷茶道部、陽さん颯爽と登場

さすがといいたいところだが

由紀子さんの迷助言も加わり、あとの予定が気になる森脇君の
焦りの表情。。。笑っちゃいるけど、おわかりでしょうか?

奈良市近郊の

唐招提寺

薬師寺

を、ゆっくりと探索して

クラシックな奈良ホテルにチェックインの後
近場の「ならまち」や春日公園を腹減らしに散歩。

ホテル庭

元興寺

ならまち

浮見堂

夕食後、佐竹君が飛騨高山の旅の途中から参加
一層賑やかな雰囲気になりました but、

明日の吉野行きを控えて、この晩は早めの就寝となりました。

明けて17日、後のスケジュールを考慮し早朝6時過ぎの出発。
空腹を我慢し一路吉野へ。

早起きは三文の徳、日ごろ渋滞の天理や桜井の町をスムーズに通過し
吉野の門前にて名物の飯にありつきました。

柿の葉すしセット

吉野山は想像以上の広がりを呈し、駐車場のある下千本から最深部の西行庵まで
結構な行程、日ごろの脚の鍛え方が評価されようというもの。

奈良東大寺につぐ規模の木造建築物といわれる
金峯山寺の蔵王堂に圧倒される。


 国宝・重要文化財
 奈良時代

金峯山寺 蔵王堂(きんぷせんじ ざおうどう)
金峯山寺は吉野山のシンボルであり、修験道の総本山。
役行者(えんのぎょうじゃ)が金峯山寺を開き、その後平安時代に
聖宝理源大師(しょうぽうりげんだいし)が蔵王権現像を安置したといわれている。
蔵王堂は正面5間、側面6間、高さ約34m、檜皮葺き(ひわだぶき)、
東大寺大仏殿に次ぐ、木造大建築である。現在の建物は1591(天正19)年に再建
された室町末期を代表する建造物。内部は内陣と礼堂からなり松や杉など、
自然木のままの柱68本が林立するさまは豪壮である。
また、内陣の2本の金箔張り化粧柱や須弥檀は、桃山時代に太閤秀吉が寄進した
ものといわれている。蔵王権現像(重文)3体がまつられ、本尊は高さ7mにもおよぶ。

先はまだまだ長いぞ

蔵王堂をバックに

やがて上千本を経て奥千本への要所

金峯神社に到達


平安時代
金峯神社(きんぷじんじゃ)
奧千本にあり、杉や桜の老樹におおわれて鎮座している。
吉野山の地主神、金山毘古命(かなやまひこのみこと)を祭神としている。
修験道の行場で藤原道長も祈願したと『栄華物語』に記されており、
藤原道長の経筒(きょうづつ)(国宝、京都国立博物館に寄託)が残っている。

森脇君の手記に出る大峯山への分岐を

右手にとり

やっと辿り着いた吉野の最深部、西行庵に到着。


   平安時代
西行庵・苔清水
歌を友とし、旅をすみかとした西行法師が、しばらく隠棲したといわれる小さな庵。
近くには今も清らかな水が湧き出ていて、1684(貞亨元)年には松尾芭蕉もここを
訪れて「つゆとくとく心みに浮世すすがはや」と詠んでいる。


まだまだ脚は、大丈夫!?

例年より10日程早い桜の散り始めでしたがこの辺りはまだなんとか・・・・・

しかしながらこの好天にはただ感謝・感謝。

ここまで来れて幸せ・・・

でも「待ってたました、下山」と楽勝構えるのはちと早いぞ

上りと下りでは使う筋肉が違う、とTVでやっていたように
急な舗装路を下りるのは意外や意外疲れます。
でも吉野の山中で一番チャーミングな女性神主の水分神社がやがて
見え隠れし、足取りも一層軽やかになります。


国宝・重要文化財
平安時代
吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)
を司る天之水分(あめのみくまり)大神を主神とし、
"みくまりが"御子守"(みこもり)となまって俗に子守さんと呼ばれて親しまれている。
社殿は豊富(臣)秀頼が再建したもので、本殿、拝殿、弊殿、楼門、回廊からなる
桃山時代の大変美しい建築である。

『水分神社写真集』

桜も美しい境内は見事の一言!!!

ここら辺りから上りの客が急激に増えてきて
さすがに名所吉野山にいることを再認識させます。

門前のお店の様子や

散りゆく桜をゆっくりと眺める余裕も出てきたところですが
惜しみつつ、吉野山を後にいたしました。

歩行程約10キロ、今回の吉野詣の経路

京都への帰路、我々のリクエストに応えた森脇君に回り道させて
桜井の名刹長谷寺へと向かいました。

長谷寺
初瀬(はせ)山の南中腹、本堂をはじめ大小の諸堂、五重塔が立ち並ぶ。
一際目につくのは仁王門〜本堂まで続く回廊で約400の石段を登るように
作られ、天井には行灯が釣られている。本堂は舞台造で本尊は木造十一面
観音立像。西国33カ所の一つで観音信仰の霊場として信仰が厚い。牡丹の名所。

『回廊』

上りきったら本堂

広大な敷地に唖然

庭師サン大変だろうね!

割り勘の計算中・・・

「適当に切り上げしとけば」!?

桜も残っていましたよ。

筍膳に間に合うようにと

早めに切り上げたのが心残り・・・

そうそう、境内のシャクナゲの美しかったこと。

この後、今晩中に仙台に戻らねばならない佐竹君と
長岡京の駅で辛い別れとなりました。

筍膳の様子はここからどうぞ!

朝粥に続く・・・・・

京都の宿舎は岡崎のお得な宿<トラベラーズイン>
小春の散歩で朝にはめっぽう強い編集長、7時に皆を起こして
朝の散歩へ出かけました。

南禅寺の森がすぐ近くだったので

南禅寺惣門からから入ると左手に

「なかなか感じのいい店ね・・・」

それもそのはず

<瓢亭>だい
創業1837年

朝がゆをいただくことになりました。

部屋も落ち着いてて

お二人お気に召した様子

穐吉君が余所の料理の写真を切望しているので
ちゃんと撮ってきましたよ。

名物「瓢亭玉子」は絶品

蓋を開けると

その接写もどうぞ。

魚のうす煮

筍・ワカメ・湯葉

梅うす甘つくり

最後を飾るのが

朝がゆ

吉野葛のとろみのきいたタレをかけて・・・
あーもう、こんな贅沢
漬物もいい具合で、ハイ

満腹の後
森脇君は仕事に、私は博多に戻るため京都駅へ
女性お二方は祇園へ買い占めへと
それぞれ別の道へ向かったのであります。

楽しい楽しい2日間、森脇君本当にありがとうございました。

*吉野町観光ガイドを参考にいたしました。