11 May 2015

「雲助担いで三俣山登山」

1週間前にはこちら黒岩山から眺めていた三俣山・・・

大曲登山口から上昇開始、、、抜群の山行き日和になって来た

そう、向かうお山はスッキリ・クッキリ!

足元には ”みやま霧島” の可愛らしい応援団

振り返れば飯田高原方面

新緑の何と美しい事

硫黄山の噴煙ではなくて、、、見てくれこのリュック姿 お宝グッズ担いでる!?

いいねえ、いい 都会の喧騒とは対極の美しい地球の鼓動とのふれ合い

ありがとう!

気分爽快、バッチリやなあ!

飛行機雲もクッキリ

すがもり越え着

谷合に久住山がちょっこし頭出しはった

こちらは大船山

九重連山の中央部を一望

硫黄山見るといつも、生きている自分発見の感深し・・・

御揃いです、稲星山 中岳 久住山!

三俣山西峰にて・・・

此の為に来たようなもの!?

私の最新雲助 Phantom3 Pro. からのショット2枚 ↑&↓

今度は本峰へ・・・

湧蓋山が遠くに

この山の連なりから受ける ”気” これはいつもそうなんだけど ”凄い”

こんな日に家でブラブラしていると、ホンマ損しまっせ!

ここは黙って通過しましょう・・・

”北峰と大鍋・小鍋” 火口跡ですね

これは雲助からのショット、、、高度少々変えただけなんだけど

最近強く思うのが正にこの視点を変える事の重要性、、、同じレベルで喧々諤々では物事の本質捉えるのはかなり困難

高見からの眺めにこそ新鮮な発見がある、かつ真実がある 嬉しい再確認!?

やがて、みやま霧島で大渋滞予想される平治岳さん お察し申し上げます

そう、あちらが南峰

これからが本番っす

早速、、、

南峰に我々と同世代のオッサン連中見下ろす図 by 雲助

空撮終えたら皆さんやって来て 「どんな映像が撮れるの?」 撮った動画をその場で見せたらビックリ 「こんなに綺麗に撮れるんだあ!」

ここからが新たな山仲間との交流、、、しばしラジコン談義から始まって、諸々世間話に花咲いて、これも楽しい時間、雲助に感謝!?

こんな風になるとは予想はしていたが、思った以上の収穫に大満足!

ケルンに石重ねて謝意!

こうやって健康体維持出来て、最新テクノロジー駆使する好奇心持って、嘘偽りのない自然とのふれ合いさせて貰う事の継続・・・・・

何て贅沢な前期高齢者、、、地球へ家族へ仲間へ ”多謝” の精神忘れたら罰当たりですね?

再び応援団

馬酔木(あせび)の林

ミヤマ霧島

石楠花(しゃくなげ)

ツツジ

貴重な日々の蓄積、、、地球規模で見たらほんの小さな積み重ね、でも出来る人とそうでない人の差はとてつもなく大きい筈

あの世へ持って行ける唯一のもの ”思い出” 

まだまだ我々未熟者?