01 May 2015

「雲助の平戸島・生月島遠征」

天気予報覆す快晴の朝、、、百道インターから

西九州道経由、平戸大橋渡って・・・

着いた処は? 

亀岡神社

平戸城本丸跡に鎮座するだけあって、表の鳥居からずずっと・・・

平戸つつじもやがて見頃迎える

そしてまだまだ昇って行くとやがて天守閣が見える筈

平戸市民の産土神として崇敬を集め “平戸くんち” はじめ様々な神事がとり行われる格式ある神社だ

Wagiさん、水難の相懸念でもあるのか? 

深々と低頭、安全祈願!

御利益あるやろうね、きっと!

平戸島通過して西行き、、、やがて生月大橋だな

ヨットで何度もこの下通過した思い出いっぱい

でも上陸はお初である

先ずは島北端の大バエ・・・

初心に帰って練習機で技の向上目指すんだと

ええやろ?

断崖と霞む ”五島列島”

東に眼を向けると 左に ”的山大島” 右に ”度島”

振り返れば ”平戸島”

雲助空撮(5月号に掲載)も無事終えて島を一気に南下

屋久島の海岸線彷彿させる光景だな

美しい日本の風景!

ヨットで毎年お盆休みに仲間と過ごした思い出多い五島列島・・・

次なる雲助の目的地は此処

”長瀬灯台” 別名 ロケット灯台 

私も相方もはやる心抑えるのに大変だ

お参りしたから大丈夫!?

正面に ”宇久島” 左に ”小値賀島” ”野崎島” ”中通島”

”若松島” ”奈留島” ”久賀島” ”福江島” は重なって見えている筈

そして ”平戸島”

雲助片づけたら、、、生月大橋のたもとへ直行!

そうだ、お腹ペコペコ!

日頃目にしない品書きに注目、、、マンボウに亀の手!?

Fudeさんみたいな客が居るんだね? 四杯目は追加料金でっせ!

ドエリャ~美味そう?

お奨めの 「ひといき定食」 ¥1600

再び生月大橋通過してもう一つの目的地へ・・・

振り返ると生月島、、、とにかく美しい! が強く印象に残った島

こちらが そう 美しい日本の棚田で有名な平戸は春日地区

地区全体に渡って棚田・棚田

水張って田植えに備えているのと今からのと、丁度過渡期なんだね?

このショットは雲助のシャッターからの一枚

ゆったりとした時間が美しい風景と空気と共に流れてゆくのを実感出来たのが一番の収穫!

平戸島と云えばキリシタン

紐差教会

本日は二人して信心深いのである

明治13年紐差小教区として設立され、18年初代の聖堂が現在地に設立された。
現在の聖堂は、昭和4年改築された。外観の美しさは当然であるがステンドグラスを通しくる光の内部はたとえようがない。 

礼拝して出て来ると何だか心洗われるようで、実にスッキリした気分

千里ケ浜海水浴場

平戸大橋通って

平戸口に在るサムソンホテル内 源泉かけ流し湯で足腰労わって混雑の博多に戻って来たとさ

だんだん