18 May 2015

「桂離宮に行きました」・・・・・京都のリンダ

その前に、今年の新年そば会に出席の皆さんにお詫びをしなければいけません。

その場で桂離宮の参観会の話が出て、数名の希望者が有り、私が安請け合いをしてしまいました。

その後宮内庁の事務所に行って申し込みしようとしたのですが、一回につき4名まで、しかも時間は指定できない、との事でした。

(流石にお役所ですね!!)

と言う事で、皆さんの分の申し込みを断念いたしました。

その時に、ついででしたが抜け駆けで夫婦分の申し込みをしてしまいました(勿論時間指定できず)。

私は初めて、リンダママは二回目の訪問です。

 

んでレポートです。

桂川です、嵐山の下流です。

ここから入ります。離宮はVILLAと言うんですね、納得。

新緑の時期です

ここが入り口、担当官が居ます

待合室、お土産もあります。

誰かさんの真似

この潜戸から

初見参

御幸門に向かいます

これですね

突然ですが、結構な雨でした。これは貸がさで宮内庁のマーク付き。

竹林を見るとタケノコを思い出します

外腰掛(休憩所?)に向かいます

ソテツです。南国の趣、島津家からの献上。

休憩所にも屋根が有ります

手水鉢と灯籠

松琴亭という茶室に向かいます。茅葺入母屋造り。

州浜、灯籠が岬の灯台に見立ててある。その先の石橋は天橋立。

流石!の趣です。

カキツバタ

細い石橋で渡ります

茶室からの庭

茶室の中。モダンな障子です、横にはカマドも

最後のツツジです

青もみじ。雨の中輝いています。

2453 見る方向でそれぞれの景色になります

ツツジと苔と木の根

次は賞花亭が見えてきます。夏用の茶室

少し登ります、ここは最も高い場所の茶室

これですね

園林堂に向かいます。

賞花亭の全貌

園林堂はお寺になるのでしょうが、今は建物のみ残っている。

そこからの眺め

次は笑意軒という茶室に向かいます。(見えるのは書院、あとで行きます)

これも目に眩しいほどの青もみじ

笑意軒の縁側と柿葺の庇

窓からの図

その全貌

書院、古書院、中書院、新書院からなっている。

綺麗な石畳です

月波楼という茶室。月見用です。

この縁側からでしょうか

窓越しの新緑

この中に名月が、、、それも水に映して。

船底の屋根です

竹と木で出来た樋

古書院をもう一度、ここから入ります。

最後にお庭を

お別れです

これは外からの正門、偉い方が来た時はここから入って最初の御幸門へ

帰りに古くから(明治初期?)の茶店で麦代餅を買って帰りました。

(おまけ)タケノコパーティの時にはなパパ夫妻から貰ったチケット。

京都国立博物館の平成館、ここは初めてです

矢張り長蛇の列です

こちらはいつもの所

向こうには京都タワー

平日の10時過ぎなのに、、、、 でもはなパパさん、ママさん有難うございました。