31 July 2015

Cruise No. ①

「北極圏夢の船路のプロローグ」

Longyearbyen出てSpitsbergen島周遊!

昨年夏ノルウェー西岸南下した際 ”Midnatsol号” 船長さんから強く勧められたクルーズがスタートした

船会社パンフ写真

にあるような世界が本当に拡がっているのか?

18:00 / 30 July 2015 Longyearbyen ⇒ Barentsburg

黄線内注目

先ずは Longyearbyen出帆して約2時間 Barentsburg港に着岸20:00

本船 「Fram号」 はノルウェーの誇り、120年程前に北極で活躍したナンセンが苦心惨憺の末造らせた記念すべき船名抱いている

今から先、このクルージングでは船客の乗り降り無く、丸9日間行動共にする共同体、、、記念配布の青色ジャンパーが目立つ事となる

此処はノルウェーながらロシア領、炭鉱の村、、、住民はウクライナ系中心に夏季は年通じて一番賑わう五百名ほど・・・飛び地である

港近くの教会はロシア正教

数多くのイコンが掲げられている、質素そのもの 記念の品が売られていたが興味そそられる品は無し、献金したらおばさん喜んでいた

最近新築の炭鉱労働者住居2棟、手前の赤瓦は領事館 右にレーニン像アリだけど存在感は薄い!?

古くからの炭住は設備がお粗末で人気無いらしく改造中 スローガンらしき内容書かれた看板は時代の流れかミスマッチ!

此方では充分立派な建物に描かれた生徒達の力作、、、学校ですね

飲み物買おうと探したが、観光客が利用出来るコンビニ売店の類は無し、案内人指す先は?

世界最北はトロムソのビール工場とばかり思っていたが大間違い!

北緯78度に世界最北端ビール工場在る事知っていたら自慢出来るかも!? しかも安い、、、1リットル¥600! 

現地の人は水代わりにガブガブ飲んでいます、、、2.5度のアルコール度 酔いたい向きにはウォッカがあるじゃん

24時間営業のこの店の名は ”赤い熊” ビール党のあなた、お近く通る際寄ってみませんか!?

ホテルも立派!? 中覗いたらビジネス客向けの質素な作り

気になるのは通貨ですか? ルーブルはじめユーロにドル、クローネ等主要マネーはOK通用します

売店で記念に何かと思ったが、、、購買意欲そそられるようなのは皆無! 走行中のトラックも性能良さそうには見えない

P.S. 入国に際しパスポートは必要無し

午後9時過ぎの沈まぬ太陽、、、天気晴朗且つ波穏やか

静々と本船 Fram号はSpitsbergen島西岸を北上・・・ 21:00 / Barentsburg ⇒ NY Alesund

就寝前に ↑ で見つけたジャグジーで、今日の疲れ癒されるの図

真夜中の太陽!


まさか二日後の朝 「来て本当に良かった!」 が待っていようとは、この段階では知る由もなかったのである・・・

続編に益々期待出来そう?

だんだん