01 Aug. 2015

Cruise No. ③

"NY Alesund ⇒ Magdalena Fjord"

13:00 / 31 July 2015 出帆

NY Aulesund出ると様相がらりと変わる?

Barentsburgまでは人間の香り感じられたが、NY Alesund過ぎると貨物船や漁労中船の姿は勿論 空にヘリ・ジェット機の飛翔も全く無い世界

空の青、海の碧さは超弩級! もう地球上では極圏に来なければ見る事能わずの世紀になったのか

陸地の生成過程が理解しやすい見本のようなシーン

昨夏乗船 ”Midnatsol”船長 「ノルウェー沿海航路楽しんだら後はSpitsbergen島周遊クルーズの他は無いです!」 来て見てはじめて判りかけ!?

外気温9度程度、デッキでは風受けてそれなりの格好、しかし船内は半袖で暮らせる

久しぶりに出会った観光船、同じフィヨルドへ向かうの?

Fram号船長もかなりの冒険好き? とにかく本船を思いっきり陸地へ近づけてくれる

その証拠がこのショット、、、かなり蛇行しての航行 お客さん喜ぶ!

此処で皆さんにブリーフィング・タイム、、、ウェルカム・シャンペンで祝杯、船長はじめスタッフの挨拶や今後の運航についての説明

こちらドイツ語の部屋に着席したからさあ大変? ではなかった、スライド中心での説明は言語要らずで分り易い(流氷の分布の説明中)

サロンから窓越しのショット 鮮明さに欠ける あかん

7階にパノラマ・ルームがあって、温かいサービス珈琲愉しみつつ景色を、、、あっ此処はいいぞ!があれば5階甲板へ急ぎましょう

窓越しでは出ないこの臨場感、いいねえ・いいねえ!

読者の皆さんも同じくパッセンジャー、一緒に眺めましょう!

岬巡りは右転舵中

此処だけでも充分トレッカー惹きつけそう 

超接近のお蔭で大迫力

「凄すぎちゃいます?」 筆さんすっかり舞い上がり!?

とある観光船の出船 クイーンエリザベスも立ち寄るスポット

会うは別れの・・・無粋な汽笛交換は無し

更に湾奥深くへ航行中

此処の氷河、海への流れ落ちは少ない、結果流氷は見られない

夕方5時に目指す ”MagdalenaFjord” 到着

奥の氷河は海に流れ落ちていて、少量ではあるが流氷の散見

ヨットで訪れている冒険野郎、筆さん羨ましがる事しきり、燃料補給は不可能故パワーボートでの到達は有り得ない

希望者はFram号搭載短艇で地上に降して貰って思い思いの散策 このツアーではこの先度々行われるサービスの一環、当然¥0

4時間後、抜錨し再び航行開始

今回のクルーズ中ハイライトの一つ ”MonacoFjord” へと向かいます

だんだん