27 July 2015

「4泊5日のクルーズでトロムソまで北上 その1」

ベルゲンはノルウェー第二の都市、、、かつては首都、19世紀頃は北欧最大の街だった

ピークトラムで一気に高台へ、、、眺め堪能したらトレッキング開始

ノルウェーの森ですね

高度下げると住宅地に大接近

美しい景色見ながら健康にも宜しい!?

清流の美しさは秀逸

あの右手ピークから降りて来て・・・

個人所有艇が出たり入ったり、場所柄イギリスのフラッグ多く眼にします

ブリッケン地区の建物群はこの街のシンボル

筆さん、自分の船と同じババリア見つけて大喜び・・・

フィッシュマーケットで、高くて買えもしないタラバガニ持ち上げて・・・

これもパス!

最終選択の食材はコレ、、、ムール貝にホタテの貝柱に小海老

お腹も満たされて 「街もちょっと見ておくとするか?」

花が美しい!

オペラ座前には満開の紫陽花!


でもってこのベルゲン港からHurtigrutenの北航路船に乗船、、、4泊5日のフル食事つき船旅の始まり

BergenからTromsoまで

最初の見どころはGeirangerのフィヨルドを最深部探検

云うなればスイスの巨大谷間に海水充満された、そんな処を船が往く!?

クイーンエリザベスはじめ、世界の観光船が訪れるメッカ

船速グッと落として微速航行、、、陣取り合戦ですね

左舷の船はアンカー揚げて正に出帆の時

大・小船の集う様子、、、何となく船同士手を振り合うから不思議、皆さん気分爽快なんでしょうきっと

我々の本船にランチ横付け、、、大きな埠頭無いので此処からの船客への送迎サービス

「では再び予定ルートを航行します」

私の大好きな街トロンハイム、今回で3度目の入港ですが、此処での街散策に自転車は必須!

色彩センスの良さは北欧に共通するようです

トロンハイムはノルウェー王国最初の首都、此処は見ておかなければならないでしょう

ニーダロス大聖堂はトロンハイムの誇り・・・

正面の彫刻群は見るものを圧倒させるに充分・・・

各地から巡礼者の訪れる聖地、11世紀の創建と云えばパリのノートルダムより古い?

この大尖塔はトロンハイムのランドマーク

街のそこかしこから目立つので極めて良好な道標となります

たおやかに流れる川に子供達のカヌー教室

こちらも外せないでしょう、、、ヨットマンには

北欧デザインのセンスの良さ

またまた不思議と吸い寄せられるように、、、、大聖堂のパワーでしょうか?

羨ましいまでの海洋民族としての海との関わりあい、、、こればかりはどんなに真似しようたって絶対に無理

出航して北航、、、面白い灯台発見! 大小7000の島からなる多島海を粛々と本船は進む

頼もしいばかりの操船技術、これで3度目の航海だが一度たりとも衝撃感じた試し無し

お客さん対策? 狭水道を右に左に大サービス

アソコの空間狙ってるな?

”Arctic Circle” 北緯66度33分通過、此れより真夏に太陽沈まない北極圏に入ります

ボドの港出たら面白い座りの島が、、、今日は雲でお休みみたい

この辺りで3日目の午後、、、眠たくなって来たのでキャビンで休みましょう

本心は美味しいノルウェー・サーモンたらふく喰う為の仮眠!?

微かな揺れが心地よいクルーズ、寝て喰っての繰り返しは癖になりそうです

だんだん

p.s.  相方は動画撮っている様子。
                 youtubeどうぞ!