27 July 2015

BKKあたり その4   さすさら


7月19日日曜日、早くもBKK4日目なのだ。
   6時半にホテルを出て、ゴルフ場へ行く途中のガソリンスタンドで補給。
   
   1000バーツ/41.511L=24.09バーツ 3.65円を掛けて88円/Lなのだ。
   うーむ!2月に行ったマレーシアでは70円だったので、少し高いのだ。
 

7時40分に到着。
 

早速、ショップ内にある受付でチェックインだ。
   ここではもちろん先払い、きょうは日曜でちょっと、高いのだ。
 

第3ラウンドはここですね。
 

今日も頑張るのだ。今日も天気は曇り。
   スコールにも会わず、そんなに暑くなくて、大正解だったのだ。
   成績は今一つなのだが・・・
 

ここも素晴らしいBKKのゴルフ場なのだ。
   BKKには山がないのだ。ずーっと平地で、あるのは池と川ばっかり。
   ボールがすぐに無くなるのだ。
   日本から持っていった7個では足りず、現地で5個を仕入れたが、
   4ラウンド終わった時には3個だけ残ったのだ。
 

 

こっちの花なのだ。
 

カートで行っては打ち、打ってはカートに乗るので、そんなに疲れないのだ。
 

ニギリはダイヤモンドをやるのだ。
   グリーンに乗ったら、遠いほうから金4点、銀3点、銅2点、鉄1点で、
   1パットで入ると得点。グリーンと外からだと、ダイヤモンドで5点だ。
   これに加えて、ビンゴを付ける特別ルールがあるのだ。
   ビンゴとは、最後にパットする人はマイナス1点が付くのだ。
 
   これがまた面白く、キャディさんも巻き込んで盛り上がるのだ。
   私はいつもぎりぎりで止まり、これを食らってしまうのだ。
   ゴルフをやらない人には、つまらんか!
   こんな話は。
 

この後ろの池にボールを寄付するのだ。
 

いつものパターンなのだ。
   終わってシャワーを浴びて、クラブハウスのレストランで反省会、握りの計算を
   やりながらの食事なのだ。
 

午後は散策だ。
   サラディーン駅の近くにあったのだ。
   QBハウスだ。こっちは100バーツなのだ。
 

バンコクのバンは村、コクはオリーブに似た実を付けるウルシ科の常緑樹。
   「コークの茂る村」なのだ。
   ただし、現地ではバンコクとは言わないで、クルンテープというのだ。
   「天使の都」の意味なのだ。
 

ここはBKK1の繁華街、サイアム。
 

角にあるエラワン寺。懐かしいのだ。
   BKKは偉大なる仏の都なのだ。いたるところに寺があるのだ。
   日本と違って、目立つ色で出来ているのだ。
 

分かりますかね?ここを拠点にBKKを散策していたのだ。
 

ここですね。
 

初めてのスコールだ。ホテルに帰り着いて5分ほどだ。
   セーフだったのだ。
 

屋台も大変なのだ。
 

スコールも30分ほどで止んで、ホテルを出発だ。
 

最後の晩餐はここなのだ。
 

そうか、老舗なのだ。
 

店の前にはこんなのが。
 

こんな感じの店ですね。
 

デザートはこれ。マンゴーともち米なのだ。
   結構、いけるのだ。
 

ジャズバンドが入っているのだ。
 

住所。
 

食後はここを散歩。
 

記念撮影なのだ。
 

夜になると、ここに来るのだ。
   1万円が2740バーツ。
 

BKKで最後の夜は静かに暮れていくのであった。
次で終わるかな。
 
さあ、すぐにアップされるかな?