23 July 2015

BKKあたり その2   さすさら


タニヤプラザはゴルフ専用のビルなのだ。ゴルフ関連の店が100店ほど入っているのだ。
   ゴルフ好きにはたまらないビルなのだ。
 

そのすぐ側にあるのがここ。BKKでは最高級の中華料理屋さんなのだ。
   ここいらが、BKK1のの繁華街。この一角は北からスリウォン、シーロム、サトーン
   という著名な通りが並び、タイ国の経済活動がもっとも盛んな一角なのだ。
   しかし、夜はまた別の顔になるのだ。
   

そんでモスクワのTシャツを着て登場なのだ。
 

北京ダック。
 

何も付けないで食べるのが通なのだ。
 

伊勢えび。
 

今晩も豚になるのだ。
   

食事の後は、ここを通って帰るのだ。
   一帯はこの国最大の、いや世界最大の歓楽街に変身するのだ。
   ここ、タニヤはソイ・イープン(日本人道り)といって、日本人の現地駐在員が日本から来た
   客を接待する場所として発達したところなのだ。
   ホテルはこの通りの手前なのだ。誘惑に負けずに冷やかしだけで帰るのだ。 ←嘘、チョットだけ!?
 

今晩もお土産を物色するのだ。
 

部屋はこんな感じ。
 

第2ラウンドなのだ。
 

ここは名門で、日本人ばっかりなのだ。
   要は、日本の駐在員がメンバーで、日本からの客をここで接待するのだ。
   きょうは3連休の土曜日なので、余計に混雑しているのだ。
 

休日は3300+350+700=4350*3.65円=16000円ほどだ。
   これにキャディへのチップが必要。
   現地の人は100、日本人は200バーツが相場だが、最近は日本人がいい格好をして、
   300に相場を上げていて、 迷惑をしているのだ、という話を聞いていて、
   我々は200しか払わないのだ、と4人で固く誓ったのだ。
 

 

日本と違って大浴場はなく、こんなシャワー室だけ。
 

シャワーがあるだけ。
 

ロッカールーム。
 

スタートだ。
 

 

 

今日の相方。
   終わって、チップを200やったら、怒ってしまったのだ。
   300くれ、というのだ。やらなくてもいいのだ。200で十分なのだ。
   出来は悪いし、グリーの読みは最低だし、とんでもないのだ。
   甘やかしてはいけないのだ。
   日本人を舐めてはいかんのだ。
 

途中の茶店。
 

 

こうやって、4台で回るのだ。
 

シャワーを浴びて、昼はゴルフ場で食べるのだ。
   現地のシンファビールのお姉ちゃんなのだ。
 

朝はホテルで、昼はゴルフ場でがパターンなのだ。
 

鳥の鳴き声がうるさいなぁー、と思っていたら・・・
 

14時にはホテル着。夕食までは散策だ。
   最寄り駅はここ。
 

モーッチットだ。BTSの終点。
   Bangkok Transit System の略。BKKの上空を走るのでスカイトレインとも呼ばれる。
 

ウイークエンドマーケットだ。
 

ものすごい人出なのだ。
 

ここでハンモックをゲット。
 

BTS内。
 

続いてはここ。Victory Monument。戦勝記念碑。
 

この記念碑の中には入れず、周りを回廊がめぐっているのだ。
 

望遠で撮ったら。
 

まだ続くのだ。

移動編集部はどこに行ったのか?