22 July 2015

BKKあたり その1    さすさら


羽田空港に着いたのが、今月16日の朝。
 

今回のメンバーだ。私だけが、関空から合流だ。
 

このお嬢さんに勧められ、1万円でグレードアップしたのだ。
   エコノミーとビジネスの間のランクなのだ。
 
 
 

チェックインの後、さくらラウンジで早速乾杯だ。
 

11時20分発なのだ。
 

1万円分の余裕なのだ。
 

これまで出てくるのだ。
 

6時間半後にBKK座んわブーム空港に到着。
 

早速、FREESIMを借りるのだ。
 

相変わらずの混雑振りなのだ。
 

ホテルに到着。ここで4泊お世話になるのだ。
 

街中の両替屋さん。こんなのがアチコチにあるのだ。
   1万円が2740バーツ。1Bが3.65円ですね。
   私は持って来た人民元1000元=5250B、
   95000韓国W=2565Bを交換したのだ。
   そう、在庫一掃をしたのだ。円高の時のものなので、為替で儲けたのだ。
 

夕食だ。
 

ブーバッポンカリーだ。
   「ソンブーン」が有名だが、ここが初めて作ったそうな。そう、本家元祖なのだ。
 

大宴会が始まるのだ。
 

 

 

食後の散歩なのだ。ホテルの側はここタニア通りなのだ。
   日本人街ですね。
 

BKKの夜は、夜店が楽しいのだ。
 

 

明日からのゴルフのためにサングラスを買うのだ。
 

翌朝、ホテルのバイキングを食べて。
 

ゴルフ場のカウンターだ。ゴルフ4連荘の初日なのだ。
 

KIARTI YHANEE カントリークラブ。
   さあ、5年連続のBKKでのゴルフだが、4連荘は初めてなのだ。
   果たして、無事完遂できるか、皆心配そうなのだが、誰からも
   1日休もうとは言わないのだ。
   誰かが言い出すと、そうしよう、そうしよう、になるのだが・・・
   男だねー!
 

今日の相方なのだ。
 

まだ、余裕なのだ。小鳥にえさを食べさせているのだろう。
 

ソニーのデジカメはいいなぁー!
 

このおじさんは張り切っているのだ。
 

 

ゴルフの写真はたくさんあるのだが、割愛なのだ。
   第1ラウンドは無事終了。
 

マッサージやさんで汗を流して。
 

今年の春に出来たばかりの小さなホテルなのだ。
    蟹のマークの隣なのですぐに分かるのだ。
 

近くにはこれがあるのだ。
 

さっそく明日のためにボールの補充だ。池ばっかりですぐになくなるのだ。
 

 

こうやって、二日目の夕食に向かうのだ。
 
移動編集部は通信環境が心配なのだ。
写真を少なめで送るのだ。
 
続くのだ。