15 July 2015

「ヘルンリヒュッテ・トレッキング」

宿泊ロッジ2583mから目指すは ⇒ マッターホルン直下のヘルンリヒュッテ3260m

ヘルンリ稜線に位置するあの山小屋まで好天下のトレッキングの始まり・・・

シュワルツゼーに映りこむ美しい山々の姿

マッタ―ホルンの存在が偉大過ぎて他の山の名前は定かではありませんが、、、他所に在ったら超有名山だったでしょう

ツエルマット谷遠望・・・

そしてこの時期お山は花畑

高山植物の咲き乱れ!

ちょこっと水分補給は幾たびも・・・

お初マッターホルンがまたまたコレ!?

これも全てご先祖様のご加護かと、、、

もうすでにスタートから乗りまくり?

谷向こうの山々の姿にも畏怖の念抱かずには居られません

かなり近づいて来ました

先ほど来気になっている唯一山頂すっぽり雪化粧の山・・・

こんな好天の下では考え及ばない遭難、、、しかしこの地の天候急変は予想外に怖いものらしい

撮って貰いたいシーンですね?

氷河の残した巨大モーレン手前にお山の150周年祭の文字が・・・

益々良くなるお山の姿

振り返ってモンテローザ・リスカム・ブライトホルンの三山

山小屋での行事催行に間に合うようにトレッカーが先を急いでいる?

お山特有の角が分かり易い地点にて

谷向こうの山々も、高度稼ぐと様子が刻々と変化するのが手に取るように・・・

昨日池の畔から臨んだ地点を見下ろすの図

ツエルマットの町向こうの山も素晴らしいじゃないですか?

愈々ヘルンリヒュッテが眼前に

宿泊ロッジ出て2時間半、、、まあまあのペースだった?

お祭りの真っ最中!

実はヘルンリヒュッテが本日到達点ではありません、、、もっと先へ、マッターホルン登山ルートへと進まねば

異常高温続きで氷河の先端も後退余儀なくされている様子、、、痛々しいばかり

ややあって禁断の場所へ!?

「お前らの来る処ではないのだ」 ですか?

「こんな処まで来れるなんて思ってなかった!」

この岩の角向こう、、、

本格的マッターホルン山頂ルートの始まり

こうやって第一歩踏み出すアルピニストが羨ましい!

と、突然の砂嵐? そこの二人もっと修業して出直せ! って事でしょうか?

それにしてもド迫力のお山への大接近、、、相方離れられない金縛り状態!?

「撮って呉れえ~」

これのお役になろうもんなら財産没収!?

御車返しの振り返りを二度三度、、、いや五度十度

完全にノックアウトの様

「最高ですわ!」

お花さんに励まされつつ愉快で感動的トレッキングさせて頂きました

ひつこいようですが此処ツエルマットでのこの日和続き、、、だんだん+だん