18 July 2015

「ユングフラウ大接近」

今日は ミューレン ⇒ ユングフラウヨッホ へ、電車・ゴンドラ4本乗り継いでの移動・・・

降りて昇って、、、間の谷間の眺めの雄大さは此処ならではのスケール感

開業100年を超すユングフラウ鐡道、ユングフラウに接近中ですがアイガー山を潜り抜けての蛇行路線

昨日登ったシルトホルンが谷向こうに・・・

更に高度上げると

氷河の終端部がすぐそこに・・・

高度3000m程からの村の眺め

途中停車の アイスメア駅 からの氷河の様子

ミューレン出てから約2時間半、ようやく念願のお山の下に到着、此処から始まる極上トレッキング・・・

メンヒだ!

クレバスには近づくな! の表示有り

アルプス一番のスケールを誇る ”アレッチ氷河” 

生・生ユングフラウです

「いやあ、最高ですわ!」

駅出て凡そ7000歩、オーベル・メンヒヨッホ3627m到達、此処から右手に延々24kmのアレッチ氷河の始まり

恐る恐る稜線の向こう側、禁断の氷河をチョットだけよ!?

アレッチ氷河スタート地点に腰かけて、メンヒの稜線とお嬢さん山を眺める ”至福の時”

「おいと呼べども返事がない」 !? まあ待ちましょう

「こんな処来れるなんて、思ってもみなかったですわ!」

少し雲がお出ましの頃合い、、、ぼちぼち戻りましょう

もう一度、アレッチ氷河の流れゆく先に思い馳せて・・・・・

朝は逆光で明瞭ではなかった ”筆さん念願のアイガー北壁”

明日はそちらへ向かいます

取り急ぎ ”アレッチ氷河トレッキング速報” でした