15 Nov. 2018

「箕面あたり」・・・・・さすさら


今月
14日(水)のお昼時。いつもの場所に珍しいメンバーが集まったのだ。

 


どんどん集まって、9名に。

 


昼から盛り上がっているのだ。

 

 

横浜から上温湯、水戸から平島、神戸の内田。

 

千葉から永田、福岡から木村、東京から宇野。

 

福岡から梅崎と松尾。

 

生中が27杯。よく見て頂戴。お茶が2杯で500円。

  そう、お茶がビールより高いのだ。

 

そう、いつもの梅田の生中190円の店なのだ。

  すっかり、出来上がっているのだ。

 

ほろ酔い気分で御堂筋を歩いているのだ。

 

阪急電車で。

 

ここ、滝と紅葉の箕面へとやって来たのだ。

 

いい街なのだ。

 

名物のモミジのてんぷらを食べるのだ。

 

まあ、そんなに美味しいものではないのだ。

 

ここが目的地なのだ。

 

この展望エレベーターに乗るのだ。

 

ここを渡ると。

 

地元吹田の蓑田と仙台からやって来た伊地知。

  これで、勢揃いなのだ。そう今日は11名でのよいよい会肥満組の同窓会なのだ。

 

15時過ぎに荷物を置いて、散策するのだ。

  

 

青空のいい天気なのだ。紅葉はもう少しなのだ。

 

上り坂が続き、結構しんどいのだ。

 

こんな岩もあるのだ。

 

 

箕面の大滝にやっと、到着。

 

全員ではないのだ。そう、途中で脱落した人がいるのだ。

 

会わなかったのだ。楽しみにしていたのだが。

 

そう、途中にある有名なこの店でゆっくりしていた人がいるのだ。

   誰だとは、言わないのだ。

 

台風で屋根が壊れているのだ。

 

箕面山瀧安寺。宝くじの発祥の寺なのだ。

   日本最古の弁財天で、江ノ島・竹生島・巖島とともに日本の4弁財天なのだ。

 

散策を終えて、展望露天風呂へ。

  貸し切りなのだ。

 

食事前に団欒するのだ。

 

仙台から笹かまぼこを大量に持ってきたのだ。

 

魔王もあるのだ。

 

さあ、食事なのだ。解体ショーもあるのだ。

 

なんでも、飲んで良いのだ。

 

大流行り。意外と日本人が多いのだ。

 

しっかりと飲んでいるのだ。

 

解体ショーが始まったのだ。

 

 

大トロを並ぶのだ。

 

よく食べ、よく飲んだのだ。

 

部屋に帰って、飲み直し。

 

話は弾んで、飲み直し。夜は長いのだ。

 

15日(木)。朝風呂に入って、朝食。

 

 
部屋からの眺め。右奥には六甲山が。

 

集金なのだ。

 

こんだけ。

 

なかなか感じが良いホテルだったのだ。

 

また、来てもいいのだ、。

 

なんと、福岡ではこんなのをタダでくれるらしい?

   大阪でも使えてしまうのだ。

 

10時半に、梅田で彼はお別れ。孫の顔を見に行くのだ。

 

ここらあたりをブラブラと。

 

やっぱり、この写真は撮らないとなぁー!

 

甲府から修学旅行生と撮りあっこをしたのだ。

 

ひっかけ橋で。

 

デカいモニターに映っているのだ。

 

食い倒れ太郎はいなかったのだ。

 

ここも来ないといけないのだ。

 

こんなふうになっているのだ。

 

そう、水かけ不動さんなのだ。

 

ここにも入らないと。

 

 

シェアするから、5つ頂戴、と言ったら、一人一つを

  注文してください、だと。

  そう、一つで二杯なのだ。夫婦善哉にならないではないかいな!

 

懐かしいなぁー!

 

ここにも。

 

ブラブラと。

 

なんじゃ、これは。二人は喜んでいるのだ。

 

大阪はやっぱりここですね。

 

入場料は?

 

700億円!

 

あべのハルカスなのだ。

 

 

向こうは生駒山。

 

二人はピッタリだったのだ。

 

 

古希を迎えて、楽しい人生なのだ。

 

電車の中で。

 

ここには入らなかったのだ。

 

新世界をウロウロと。

 

 

昼はやっぱりジャンジャン横丁なのだ。

 

今回の旅行の最後の乾杯なのだ。

 

ここで、飛行機の時間で先に帰るのだ。

  来年の肥満組の同窓会は彼の地元でやることに決定したのだ。

 

 

そろそろ、お開きなのだ。

 

新今宮経由で新幹線へ帰る5人。

 

この3人は草原へやって来たのだ。

 

お疲れ様。

   楽しい12日の同窓会だったのだ。

 

おしまい