12 Nov. 2018

「近畿修猷会総会なのだ」・・・・・さすさら


今月10日土曜日の午後の梅田なのだ。

 

この季節はやっぱりこれなのだ。

   そう、昼飯を兼ねている飲み会なのだ。

 

昼呑み最高! 

生中が190円。5杯飲んでも千円でお釣りが来るのだ。

 

今日は軽くにしておくのだ。夜がご馳走なのだ。

 

淀屋橋を歩いているのだ。

 

御堂さんへお参り。これがあるので御堂筋なのだ。

   逆ではないのだ。

 

蓮如上人ですね。

 

よく読むように。

 

こっちは親鸞聖人ですね。

 

これも。

 

16時に本町のここへ着いたのだ。

   左は松川先輩。前会長なのだ。

 

受付で会費8000円を払うのだ。

 

まずは2階の総会の部屋へ。

   右はご存知の入江さん。

 

出席者は217名。

 

こんな本が出たのだ。

   漱石の「坊ちゃん」山嵐のモデルは隈本館長だとさ。

 

今年の幹事学年は62年卒の無二の会。

   そう、毎年50歳になる学年がやるのだ。

 

全員で館歌斉唱の後、会長の挨拶。

   二つ後輩の八木さん。関電の社長、会長だったのだ。

 

福岡から来た、32代高島館長の挨拶。

   今年は創立234年。現在生徒は1270名、32クラス。男660名、女610名。

   運動会のブロック長は4名中2名が女子。

   今年の運動会は雨の中。他の高校は途中で中止したが、修猷だけは

   生徒がやる、と言って完遂。根性が違うのだ。

 

同窓会の川崎会長。西日本新聞の社長だったそうな。

   県立で初めて、人工芝にする予定で、同窓会で援助する。

同窓会館の1階をローソンに貸して、家賃収入が入り、裕福なのだ。

 

福岡からの常任幹事長の大賀さん。手打庵の友人なのだ。

 

直さんの作品が展示されていて、大評判なのだ。

   イノシシの置物と造花。

 

各クラブの活動報告。

 

ここへ行くのだ。後、忘年会が楽しみなのだ。

 

福高との対抗戦をやっているのだ。

 

ホテル側の不手際で会場がダブルブッキングで40分も待たされ、大混乱。

 

爽筑会で一緒する牧野さんと。

 

これが面白かったのだ。

 

そろそろ、ブラタモリに出るのでは、との紹介が受けたのだ。

 

1784年(天明4年)、修猷の開学の年に金印は発見されたのだ。

 

なんと、蛇ではなくて、駱駝の頭を落としたものというのを、

   彼が発表したのだ。 

 

 

実に面白い話の展開なのだ。 この後の話は何れ又!

 

1840分に、やっと開宴。

   なんと、よいよい会の炭谷幹事長は、仕事のために、 

   乾杯も出来ず泣く泣く、帰ったのだ。 

   これも、40分も遅れたせいなのだ。けしからんのだ。

 

皆が持ってきたものが、揃えてあるのだ。

 

飲むは、食うわで楽しい宴会が始まったのだ。

 

無二の会の女性陣。後ろ向きの女性は別嬪さんなのだ。

 

料理は色々と次々に出てくるのだ�。

 

マーク入りのお土産を売りに来るのだ。

 

これを見て、炭谷さんは悔しいだろうなぁー!

 

来年の総会なのだ。

 

幹事の引継ぎをやって。

 

「彼の群小」を歌って、おしまい。2020分。

 

御堂筋のライトアップ。

 

 

酔い覚ましにお茶をして。

 

 

「光の歌を聴け」だそうな。

 

お疲れさまでした。