15 May 2018

「シラク―ザお奨めの食事処」

5月4日の夕食処探しが始まった、シラク―ザの旧市街オルティージャ島で探してみたら候補が2~3軒、後は現地で店舗見て決めればOK

キケロ曰く 「あらゆるギリシャ都市の中で最大にして最も美しい町だ、シラク―ザは・・・」 ローマ期以前の西地中海世界で最も輝かしい歴史と文化誇ったシラク―ザ

入り組んだ迷路のような路地の多いこの島、迷ったら海目指せば簡単、何処にいるのか分かる仕組み 僅か1平方キロの小さな島だが実に偉大!

晩飯前の腹こなしにハーバー散策中、、、係留ヨットのサイズがデカイ!

中心のクラスでも50フィートで、この船はオランダのアムステルダムからの係留船 SunOdysseyブランド云うたらフランス製のヨットだにゃ

ポンツーンに水道や電源の設置は最低条件、世界中のセイラーマン訪問するからね

これが正真正銘のTHE YACHT! 沈んだ光進丸よりまだまだデカイ、、、ペイドクルーに指示して 「シラク―ザ港へ廻しといて呉れ」 オーナーは自家用ジェットで來港!?

お腹空いた頃から真剣に店探し、、、最終的にこのトラットリアに入ってみた

アルキメデス広場近く

清潔にスタンバイされた厨房が眼を引く、、、今宵も一番客はこの旅の定番!?

「ようこそ当店へ、どうしてこちらへ?」 TripAdvisor上級エキスパートの小春パパの来店告げるとお店の対応が変わった!?

んじゃ始めよか、、、白ワインからですね

これはアルデンテ状態での蛸、、、レモンとオリーブオイルとが溶け込んだ逸品!

魚介のグリルされたお皿 これもシチリアの定番

こちらのムール貝は巨大! ズッパの出汁が最高に美味い、パンに絡めながら喰う・喰う

何処のメルカートでも見た巨大茄子、あいつをいっぺん喰うてみようと頼んだ焼き野菜 これも正解やった

「自慢のパスタはメニューの中のどれ?」 「これでしょう、地元名物って奴ですが、どうです?」

揚げた魚介のトッピングが印象深い味わいの素朴なスパゲッティー 家庭的な風味溢れるお初の感触パスタだった

当然のように勧められたデザートの中から選ぼう、、、焼き菓子中心のシチリアにあって此処はフランス風とのミックスがほとんど

見た目以上にコクのあるケーキ、お後のエスプレッソがこれまた美味い! となる仕掛け!?

「イル・コント・ぺルファボーレ」 勘定云うてんのになかなかすんなりと行かない 頭抱えるオーナーの様子がちょと微妙

「TripAdvisorが効いたっちゃないや?」 明細に載ってないエスプレッソに加え計算も可笑しい!? 「う~ん、、、100にしときまっしょ!」

あれだけ飲んで喰って・・・

読者の皆さんこちらへお出での節は 「TripAdvisor関係者なんやけど」 でお入りくださいませ

今宵のも外れ無しやった!