21 Jul. 2018

「英国旅行 3(湖水地方からリバプール)」・・・・・京都のリンダ

編集長にはお呼びじゃなかったセントアンドリュース訪問も終わり、イングランドに入り所謂湖水地方、コッツウオルズに向かいます。
コッツさんには仁義も切らずテリトリーを荒らしたことをこの場をお借りしてお詫び申し上げます、ゴメンちゃい。
前回はあまり上等じゃないアフタヌーンティ(?)の写真で切れていましたが、、、、


この子がビールを注いでくれました、愛嬌が良いからティーセットの酷さは許しちゃおう


次に出たのがピーターラビットの着ぐるみ。これも少しキモイかも。


ここは専門の展示場


沢山ありますが一枚だけ


これはウインダミアの街


家族の行楽地らしくこんな物も


これから湖のクルーズです


こんな船でした


波もなく静かなクルーズです


この湖は英国一の広さだそうな


暫く乗って今度は汽車に


古ーいスタイルの座席です(蒸気機関車でした)


懐かしい席の並び


駅に着きましたが、、、


この機関車、〇〇〇トーマスみたいです。


駅にはこんな物まで、子供はご満悦


外観も可愛い駅でした


ウインダミアの街に戻り、夕食は小奇麗なここ


魚料理でした


ホテルはこちら、歴史が有りそうです


これは10時過ぎ位、やっと日が沈みます


サンルーム


備え付けのパブ


廊下も小奇麗


食堂です


翌日はリバプール経由。ビートルズですね。


リバプールは大英帝国時代の海商都市で世界遺産


その中のスリーグレイセス、昔の建物が残っています。


この地区はアルバートドックと言い昔の造船施設の再開発地区


色んな施設が入っています


これはビートルズ博物館、好きな人にはたまらないかも。


全体はこんな感じです


ここはマジーサイド海洋博物館


タイタニックもここから出航


ぶつかった氷山の規模


次は街中へ、何処でしょうか?


キャバーンクラブ


ここでビートルズが歌っていた


地下二階ぐらいで今もこんな感じ。ライブ中でした



記念にちょっとツヤつけて、、、、


と、いう事で次回はチェスターを経由してコッツウオルズへ

*この後の写真が入っているカメラを某所に置き忘れ(ト・ホ・ホ、、、)

何とか物は有ったのですが、今頃北極上空ぐらい????ただ受け取るまでは信用できないのが海外事情。

カメラ到着まで暫し掲載をお休みします。