23 Feb. 2018

「BKKあたり ’18  その1」・・・・・さすさら  


今月14日(水)の10時半に集合。
   羽田空港国際線ターミナルのさくらラウンジなのだ。
 

朝8時半発の伊丹空港から乗り換えなのだ。
   東京の友人二人とここで合流。
   面白いことに、伊丹から来た私の方が東京から乗る二人よりも、
   往復で1万円ほど安いのだ。
 

ファーストラウンジなので、酒類も無料。
 

この三人で行くゴルフバンコクツアーも、今年で8年目。
 

ラウンジでしっかりと飲んで食べたのだが、
   乗ったらすぐに、これが。
 

日本時間18時20分、現地16時20分に到着。
 

ぎゃー!こんなに並んでいるのは、初めてなのだ。
   そう、旧正月なのだ。
 

イミグレまでたどり着くのに、30分ほど。
 

さっそく、スマホの現地シムカードを。
   7日間でこんだけ。
 

ここで彼が合流。
   シンガポール勤務の彼とは、かつて大阪支店で二人で債権回収に
   苦労したのだ。
 

迎えの車で移動。
 

19時(以後現地時間、日本より2時間遅れ)街中のホテルに到着。
 

夕食はここ。
 

チャオプラヤ川沿いにあるのだ。
 

ブーバッポンカリーですね。
   「ソン・ブーン」よりも美味しいのだ。
 

濃厚な味なのだ。トムヤムクン。
 

白身の魚。
   もう、お腹がいっぱいなのだ。
 

どんどん食べて。
 

ビール、赤白ワインと、どんどん飲むのだ。
 

なかなか、いい雰囲気になって来たのだ。
 

締めはマンゴーライス。
   ライスは甘いシロップの掛かったもち米。
   南国には合うのだ。
 

食事を終えて、ホテルの近くは夜店で賑やかなのだ。
 

9時半。散歩に丁度いい時間なのだ。
 

時計も安いのだ。
 

ラオスにもあったなぁー!
 

広いのだ。ここで7泊。
 

バスタブは無いのが、普通。
   朝飯付きなのだが、残念ながら、朝飯は2回しか食べなかったのだ。
   そう、6時半からの営業で、ゴルフに間に合わないのだ。
 

翌15日木曜日の7時半。
   ここに到着。第1ラウンドなのだ。
   中国風の正月の飾りが出ているのだ。
   そう、今日は大晦日なのだ。
 

値段はこんだけ。
 

 
 

ロッカールーム。
 

名前を書いて、ロッカーキーとバスタオルを貰うのだ。
 

なんと、ここでハプニング!
   
 

左の彼が、帽子をプレゼントしてくれたのだ。
   私は古希、右の彼は還暦なのだ。
   古希の色は、紫だそうな。
 

ゴルフ場で朝食。
 

さあ、勝負なのだ。
 

 

 

 

グリーン上で苦労するのだ。
 

暑い、暑い。34℃なのだ。
   出て来る時の神戸は3℃だったのだ。
 

バンコクは山がないので、水でハザードを作っているのだ。
 

ボールがどんどんなくなるのだ。
 

ロッカールームも立派なのだ。
 

第1ラウンドが無事終了。
   握りは私の一人負けで、残念無念。
   まだ、始まったばかりなのだ。バンコクツアーは。
   

続くのだ。

よろしく、お付き合いのほどを。