20 Feb. 2018

「おっさん5人の佐世保巡り」 ドローン持参編

寒暖繰り返しつつも、間違いなく春に向かう候には絶好のドローン日和

博多出て2時間弱、九十九島望むにはもってこいの地へとやって来た

正に春の陽らんまん、、、間違いなく季節は桜・桜へと  只一人重装備なのは何故?

この自然林をずずっと奥へ進むと・・・

へえ~、そうなんやあ

ジャジャジャジャーン お見事な景色が目の前に

視界も良好で気持ち良い事この上なし

Wagiさんドローンの向こうには五島列島の姿まで視認

早速飛ばしましょう!

鳥さんの目線での九十九島

実に ”風光明媚な” が実感できるシーン

無事回収して!? 西海橋に挟まれたこちらの店でランチタイム

一般道路の西海橋はお馴染みですね?

アラカブ尽くし膳

フルコース喰って高速道の新西海橋下から眺める

よっしゃあ~、で上空からの橋巡り

午後1時前に潮止まり、只今2時過ぎ、そろそろ引き潮の頃(左大村湾 ⇒ 右佐世保湾から外洋へ)

新西海橋見降ろし

冒頭マップの針尾瀬戸望む住吉神社へと廻って来て

本日のメインイベント、弁天島の潮流確認の為

大正期の設置、針尾無線所の3本塔、歴史的遺産として見物可 “ニイタカヤマノボレ発信のウソ” ←ウィキペディアにあるが

太平洋戦争の口火を切った極秘電文「ニイタカヤマノボレ1208」はこの送信所から送信されたとも言われているようですが、

実は真珠湾攻撃部隊に向けて送信したのは、千葉県船橋市の船橋送信所と、愛知県依佐美村の依佐美送信所だった

 

奥が大村湾ですね

ドクターにだって出来る最近の雲助操縦、、、

「嫁さん操縦出来たらよかとに」

ドローン上昇させると位置関係が鮮明になる

コレコレ、、、此れが欲しかった画像 

動画だとよりリアルな映像となっている筈 春うららの佐世保2018

潮の流れは速く、時速10ノットにも達す日本三大急流に数えられる海の難所 今頃午後3時はまだこんな穏やかさ保っているが・・・

ハウステンボス行きヨットは通過時には、弁天様に護られていそうなものだが時としてSOSで、ハウステンボスのレスキュー・ボートの助け借りる例もある

そろそろ雲助降下させて

温泉だ・温泉だ! カーナビで近場の天然温泉インプットしたら何とこちらの湯

お一人様¥1600! のその訳が記してあるがご理解した訳じゃなかと

傾く春の陽受けつつ、馬鹿談義で大盛り上がり

この後博多さ戻って、豪華晩餐やってそれぞれ帰路についたとさ

御日様さんさんの一日に

だんだん