13 Feb. 2018

「池ポン先生ご夫妻と雪見午餐」

何と博多平野部に積雪3cm、、、池ポン先生に 「栄養つけに行かんですか?」

「ほう、、、此処なあんたの贔屓にしとう店は」

ラッキーな雪見の午餐となりましてん

スタートしたのが12時お昼時

前菜は極太クラゲに葱油の蒸し鶏、、、美味しさにビックリ仰天のご夫妻!

上湯ベースのコクある和布スープ 「初めて味わうスープですね」 奥方満足の様

醤油蒸しクエ(博多ではアラ) このコシある食感は玄界灘産の面目躍如!

雪見タイムでひとしきり、附属中時代の話でアレやコレや時間がたりまっせん!?

さて続きますよ、、、青梗菜のクリーム煮 「これも中華な? 知らんかったなあ、美味か!」 広州料理に在るメニュー

和牛のソテーXO醤仕上げ 柔らかさとコクに驚きの奥方

寒さブッ飛ばす本日のスペシャル、、、お初だ! カレー風味の熱々土鍋仕上げ、焦げ豆腐に鰈と見た目多そう!?

何のその、、、当初危惧した高齢ご夫妻によくある 「もうよかばい、あんた取んなさい」 なるお言葉は皆無の午餐、、、これ誤算!?

〆には上湯ベースの手打ち麺中華蕎麦、此処 「多謝」 でしか味わえない極上メニュー 「いったいどんな具合に創られるんでしょうかね?」

2時間経過、、、ラストデザートタイム

あまおう苺プリンに温中華菓子

入店以来2時間半以上経過の納得・満足の午餐  車で待てど暮らせど戻る様子伺えないご夫妻 ”美味しんぼ談義” 熱く大盛り上がりの様

「いやあ最高の昼飯やったやね!」

やったぜ、予想通り! 笑顔が物語る充足感・・・

Many Thanks for "多謝" 



予約の取りにくい ”多謝” は 092-522-7107 水曜定休