11 Dec. 2018

「吉武高木遺跡群」

弥生の頃此処には国があったらしい

福岡市の南西に存す

正面に飯盛山、その向こうには紀元後魏志倭人伝によれば、伊都国と称される国が在った

このT字路辺りにかつてこのような建物が!

今は車道になっている正にその周辺はお宝の宝庫!

想像掻き立てられる雰囲気になってきたぞ!

とても分かり易いでしょ?

伊都国の平原遺跡の卑弥呼の墓ではと云われる古墳からは、世界最大クラスの銅鏡が続々と発見されたが鉾は無かったような記憶

こちらからは出雲の国彷彿の銅剣・銅矛の数々が

予算不足の露呈!? 奈良の10分の1でもいいから発掘費用出して欲しいところ

夢多きこの地を後に、日向峠越て伊都国へと向かいました