31 Dec. 2018

「終い活魚は、ひぜん玄海寿司で」

週4回の天神ジム通いが続いているが、、、昨日ランニング・マシンやりつつ観たTVグルメ番組

活イカの刺身と新鮮寿司とイカゲソ丼が次々登場

早速ドクター夫妻と小春ママの4人で直行、博多から凡そ1時間半のドライブで到着

「済みません、この時化でイカの活造りは出来ないんですが」 「しゃあないなあ、ならば生け簀の活魚5人盛りからスタート!」

「ちょっと多いっちゃないな?」

「それ~、掛かれ!」

鯵に烏賊に鮪にハマチにカンパチに蛸に平目に鯛に鰤に、その他諸々 早めのディナーだったが皿はほぼ空っぽ

頃合い宜しく天婦羅登場

同じく5人盛り 撮り忘れの熱々茶碗蒸しで温まったら

「ご飯喰わなお腹満たされん」

赤だしと共に一気に口中へ・・・

凡そ2時間の活魚晩餐

お一人様¥3100

呼子のバカ高いイカ喰うくらいなら、むしろお奨めはこちらの ”ひぜん玄海寿司” 結構デカイサイズの活き造りが¥2000以下

次回は活イカの状況聞いて再チャレンジですね?

帰路、虹の松原の ”海浜館” にて閉店まで、珈琲&ロールケーキ喰いながら貴女や貴方の話題で盛り上がったとさ!?