01 Dec. 2018

「霜月の膳 at なかむら」

神無月も霜月も月末ぎりぎりの訪問が続いていますが・・・・・

掲額の軍配がお宝骨董品の様

何と云っても実りの季節、、、神話の頃から日本は収穫に対する感謝の心が美しく尊いもの

今宵もよろしく!

風呂吹き大根の味噌が忘れられない味

何と云う優雅な椀

餅をベースになめこ、柚子、葱とてんこ盛りの世界はみぞれ仕立てで

お造りはアラ、、、何でこんなに光っているのだろう? (自分たちでやったアラ三昧でお勉強!?)

黄金色の銀杏が眼を引く

なかむらのお節の取材があったが愈々新春号に掲載!

 新春号は必見!

出た!!! 八寸、、、

丹波黒豆・豆腐・焼き帆立・いくら・あん肝・ほうれん草・鰆は炙り・銀杏に揚げ栗等々 分け入って探さねば!?

昆布〆の車海老と絶品自家製カラスミ、、、舌が驚く今宵の膳

鹿児島和牛は焼椎茸と共に、、、リンゴのソースが大いに引き立てている様

毎度お待ちかねの焚き合わせ 海老芋と菊菜に蟹の身たっぷり 熱々の逸品!

カマスと焼き舞茸入りの季節ご飯、、、思わず 「お代わり!」 白味噌汁に吃驚の小春ママ

一気に頂いて、お腹も満たされ

新年向けに新竹筒に・・・

ご馳走様!

馳走なかむら 年内の予約はお節の段取りなどで予約困難かも!? 092-292-7663