22 Aug. 2018

「じいじとばあばの孫守 コタキナバル編 2」・・・・・京都のリンダ

コタキナバル編続編です。

ボルネオ言うのは元々有ったブルネイがなまってそういう呼び方になったとか。

ここはオランウータン(ボルネオとスマトラのみ)の本場かと思ったら、正にテングザル(絶滅危惧種)はボルネオだけのようです。

日本では横浜のズーラシアに居るだけとか、さて見れるかなあ?

キナバル公園の植物園です

たまには南国の花を、蘭系が多いようです


ここでは有名なウツボカズラ


こんなジャングルの中


キナバル山

ここが入口

場所が変わると形も変わる

ラフレシアが咲いてるようです。名前はシンガポールのラッフルズが由来

バナナも

有りました、右は三日以上経った花、左は昨日。70cm程でした。少々くさい。

ポーリン温泉とキャノピーウオークです


記念撮影

足湯がメイン?

蝙蝠さん、近くに住まいが有るようです

いよいよです。リンダは高所恐怖症の為オッカナビックリ

高さ40mの所に有る吊り橋

幅は30cm弱

こんなんです

顔は笑っても、引きつり気味??

その後足湯で

街に戻り夕食はフリーで

海鮮市場です

この店にします

この中で選んで、調理方法も決めて

飲み物はテーブルで

魚の注文書、値段付き

ソフトシェルクラブ

エビのバタ焼


イカの唐揚げ

ホタテの炒め物


カニチャーハン  あと野菜や少々他の物で飲み物込1万円弱その後満腹でホテルへ

翌朝です、マレーシア国旗

これは対岸


鳥さん

トカゲさん


さすさらさん垂涎のハンモック


朝食はテラス席で


この子は良く食うなあ


餌を狙って


その後ホテルのプールで








傍の海の中




いっちょ前にリゾートしてる


これで三日目の午前中が終わりです。

午後からはチビ共は昆虫ツアー、ジジババは川に洗濯に、、、違ったリバークルーズでテング猿とホタル観賞へ分かれます。

あと一回で終わりにする予定ですのでもう少しお付き合いください。
つ・づ・く