21 Aug. 2018

「じいじとばあばの孫守 コタキナバル編 1」・・・・・京都のリンダ

イギリス紀行はお願いしっぱなしで途中で飛んでしまい申し訳ありませんでした。

今回は息子夫婦がボルネオ行きの直行便が有るらしいという事で急遽決定、三泊五日のリゾート旅行に。

ボルネオにはマレーシア、インドネシア、ブルネイの三か国があり島に三か国が有るのはここだけ。
また世界で三番目(グリーンランド、ニューギニアの次)に大きい島だそうです。

今回行くのはマレーシア領のコタキナバル、大戦中は日本軍の占領下でしたが今は人口45万人、サバ州の首都。

話は変わりますがブルネイは一人当たりの国民総所得は日本を上回りアジアではシンガポールに次ぎ二位
金持ち(石油、天然ガスによる)とは知っていましたが、小さな島国と思っていたらボルネオに有ったんですね。

という事でレポートです


今回はマリンドエアーお初です。マレーシアの飛行機のようです。


孫達もはしゃいで


向こうに見えるのがキナバル山


この島の左側の白いビーチに行く予定


5時間ほどでコタキナバル着。息子のトコの一家 


ホテル着、ステラハーバー


早速窓からの眺め


ホテルを散策、南国ですね


あのホテルですね


名前の通り横にはヨットハーバーが


ヤシの実


水も綺麗で横の海にはウニが


プールも沢山有ります


こちらは少し高め?


チビ共が嬉しそうでした 


50mプールも


ここのタクシーはメーター無しで定額(市内は一律15リンギット約450円)


街の見学でショッピングセンターへ


大都会です


今日は軽くその中のお店で


シンガポール名物チキンライス


ユニクロは世界中に


窓からの夜景


翌朝、隣にゴルフ場併設、平日は15,000円程(チョッと高いなあ)


朝食のレストラン、十分ですね


朝日でーす


今日はキナバル公園とキャノピーウオークへ


結構豪華なバスでした


アジアの朝食は


キタコナバル略してKK、クアラルンプールの事はKL言いますね


新しいようですがお役所のビル


途中の州立モスク


漁港でしょうか


ここはシャングリララサリア、雰囲気は良いが少し街から遠いかな


上の孫ちゃん撮影の勢ぞろいショット


途中でココナツを売っていた


キナバル山の展望台でお恥ずかしのツーショット


土産物とフルーツの売店


ココナツ、穴をあけてそのままストローで飲みます150円位


ナバル山の雄姿、4095m。自然公園として世界遺産に登録。登頂ツアーも有るようですが山小屋で泊まらないとダメみたい。


今回は2日目の途中までです。

目的はお猿さん、キャノピーウオーク、蛍と夜空、リゾート。孫たちはリゾートと昆虫がメインでした。

それではまた暫く頑張るのだ!!つ・づ・く