11 Aug. 2018

「英国旅行 5(コッツウオルズ~バース、ストーンヘンジ)」・・・・・京都のリンダ

今回はコッツウオルズを半日、その後バース(ローマ時代からある湯治場でお風呂のバスの語源)、ストーンヘンジへ行きます。

その途中のバースの高級スーパー、マークス&スペンサーのレジに放蕩カメラを置き忘れてしまいました。

直ぐに添乗員に電話して貰ったら、何と有りました!!

普通の店ではだめだったかも、何のかんの有ったけど結果的に戻ってきたから良しとしましょう。これからは紐付きにした方が???


ボートンオンザウオーター着、天気も良く人もまだ少なくて気持ちよさそう


街のセンターみたいな所です


ここはリトルベニスと言われて街の中に小川が流れています


この橋がシンボル


建物は全て蜂蜜色(んん?)のこの地区産の石灰岩、ライムストーンです


コッツさんのHPにも有りました街を再現したミニチュア版です


決してドローンで撮った訳ではありません


小川にはカモの親子が


ずっとこんな街並みです


最後に小川も


我々のバスですが昨日カッスルクームの狭い道でサイドミラーがモゲてしまい応急措置をしたようです


次はバイブリー着です


ここも綺麗な小川と


昔からの橋


こんな家並み


アーリントンロウのコテージ。中世のウール倉庫だったのを今は人が住んでいる。


屋根まで全て石灰岩です


ここは観光センター


どこを見てもこんな家並み


ここはマスが有名だそうな、食べる時間なし


次は温泉の町バースです。あれは駅


商店街を通り抜け


変なオブジェを横目に


ローマ時代の浴場の出口


こちらは入口、結構な人だかり


バース大聖堂


私は浴場見学に(リンダママは大聖堂へ)


天井も立派ですね


隣の大聖堂が二階から見えます


こんな感じです 





昔はこんな風に


当時のモザイクの跡


三次元投影の図


こちらはリンダママの大聖堂の中


ステンドグラスも綺麗


彫刻とパイプオルガン


結構広い所


ここが恨みのマークス&スペンサー


んで、ストーンヘンジに向かう途中、あれっカメラが!?


ここからは代替カメラで、ストーンヘンジですね


先史時代の遺跡でまだ謎ばかり


大きな石でした


という事でサウサンプトンに向かい一泊します。

翌日はロンドンに入り連泊して帰朝になります。

もう一息のお付き合いをお願いします。

つ・づ・く